国家公務員のおすすめ予備校

MENU

国家公務員の予備校スクール

国家公務員のおすすめ予備校・スクールはページ最後の関連記事から項目を選んでアクセスすることができます。ここでは国家公務員の仕組みについて紹介します。

 

国家公務員ってどんな仕事

 

国家公務員の勤務は主に霞ヶ関の中央官庁や地方国家機関になります。主に政治家をサポートしたり、政策の企画立案、各種予算編成などが仕事になります。

 

また、国家公務員では民間企業やその他の機関のほとんどが利益追求を目的として運営されているのに対して国家公務員では「国民生活・公共の利益」を目的として働くことができますので、「日本をよくするためにに働きたい」という方にはおすすめの職業です。また中央官庁の幹部レベルになると携わる仕事のスケールは大きく、国民生活に大きな影響を与えることもあります。(良くも悪くも)

 

一般職と総合職の違いは

 

一般職は大卒・高卒に分かれ、以前は国家Ⅱ種、国家Ⅲ種の名目で試験が実施されていましたが、公務員試験改革によって現在の試験名になりました。

 

一般職・特に高卒は総合職に比べて地方機関で働く方が多いのが特徴的です。派手な仕事は少なく、正確で安定感のある事務処理が求められます。イメージで言えば主役の総合職を影でサポートするよう感じですかね。

 

しかし、一般職でも中央官庁の幹部級(本省課長級以上)に努力で登りつめた方も結構いますので、影響力の仕事を担当するチャンスは十分にあります。

 

試験区分

 

国家公務員には事務系、技術・理系、資格免許・公安系など様々な職種があります。

 

官庁訪問って何

 

総合職は最終合格発表後、一般職一次試験合格発表後から開始される官庁訪問は自分の就職したい官庁に自己PR・情報収集する場であります。

 

官庁訪問のキャンパスを開いていいる省庁もありますので、情報を得るために参加するのも1つの手だと思います。

 

官僚の出世

 

官僚とは国家総合職(旧Ⅰ種)のキャリア組を指します。(高級官僚は本省課長級以上)

 

大げさに言うと一般職が出世の階段をコツコツ登るとすると、官僚はエレベーターに乗って出世していきます。例を挙げると官僚の20代後半~30代前半のポジションが一般職の50代の出世組でたどり着く階級です。

 

国家公務員の階級は

 

*本省の組織階級一例

 

係員→係長→課長補佐→室長→課長→審議官→局長→事務次官

 

通信講座比較通学講座一覧

国家公務員の予備校記事一覧

国家公務員総合職試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と国家総合職試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。国家総合職対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!☆資料請求のメリット①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。②お得な公務員試験の情報が手に入...

国家公務員一般職試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と国家一般職試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。国家一般職対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!☆資料請求のメリット①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。②お得な公務員試験の情報が手に入...

高卒程度試験の税務職員試験に合格すると、全寮制の税務大学に入学して仕事に職務に必要な税法・簿記、その他法学・商法を勉強します。また、この期間共に過ごす仲間と協力し合うことで協調性・コミュニケーション能力を養うことができます。一生の友人になる方と出会う可能性もありますので、寮生活での出会いを大切にしましょう。無事卒業すると国税庁職員として税務署で働くことになります。しかし、すぐに一人前にすることはで...

外務省専門職には仕事内容の関係で高い外国語の能力が求められるため、正直日本語以外は全くダメという方が短期で最終合格するのは難しい試験と言えます。大抵の受験者は試験に出る語学をある程度は身に着ける方ですので、本気で合格を目指すのであれば外国語対策は欠かせません。試験に合格して採用されると研修→勤務→研修を繰り返します。外務省専門職員採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますの...

TBS大人気ドラマ「半沢直樹」で話題になった国税専門官は今後人気が上昇するのでは?と予想されます。経済・会計学など専門的な知識を活かせる職場でもありますので、キャリアアップしやすい労働環境にあると言えます。一見すれば強面のように思われている職業でメディアではちょっと”嫌の奴”のような表現をされているケースも多いのですが、それはあくまでテレビ的に面白くするためであり、実際にはガッチガチで攻めるような...

平成24年度より新しく実施されるようになった財務専門官は財政の専門的知識を扱う金融のスペシャリストです。採用されると財務省の出先に当たる財務局勤務になります。(一定期間専門知識を研修します)研修制度に力を入れていて、海外研修制度を取り入れています。キャリアアップできる充実した環境にあると言えます。平成24年度試験の実施結果を見ても倍率が高く簡単には合格できないことが伺えます。できれば大学1、2年の...

平成24年度から新しく実施されるようになった食品衛生監視員試験に合格して厚生労働省に採用されると、まずは基本的なマナー・知識を身に着けるために研修が実施されます。配属場所は全国各地にある食品衛生の検疫所になります。異動スパンは一般職の国家公務員と同様に大体2~3年のサイクルで部署の異動が繰り返されます。時には本省・地方局勤務になることもあります。食品衛生監視員採用試験対策のおすすめ予備校・スクール...

2013年の秋の日本テレビドラマ「ダンダリン労働基準監督官」によって今まであまり知らなかった人もその存在・役割を知ることになります。試験区分は法文系のA・理工系のBに分かれ、見事合格して採用されると全国各地に設置されている労働局、労働基準監督署に配属されます。労働基準監督官採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!労働基準監督署ってどんな仕事?労働基...

平成24年度に新しく誕生した試験になります。試験に合格して採用されると人間科学分野のスペシャリストとして働くことになります。試験区分には矯正心理、法務教官、保護観察官などがあり、法務省の職員として勤務することになります。また、人間性が重要になってくる職業ですので、面接対策には力を入れておきたいところです。法務省専門職の採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧...

空の安心・安全のために日々働く航空管制官について紹介していきます。難関と呼ばれる試験に合格して採用されると、まずは基礎・専門知識を学ぶために航空保安大学校(約1年間)に入校します。その後に一定の技術的試験に合格することで一人前の職員として空港などに配属されることになります。試験の特徴としては英語の高い能力を求められることです。苦手な方は事前に英語を攻略しておきたいところです。航空管制官の採用試験対...

ドラマ・映画で大ヒットした伊藤英明さん主演「海猿」で一層知名度を上げた職業です。試験区分は幹部候補生の大学校と一般採用組に分かれます。どちらに合格しても採用後は長期に渡る研修が待っています。入学後は学生でも給与がしっかりと支給されるのが特徴です。海上保安官採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!海上保安官ってどんな仕事?海難救助などをするため高い運...

気象大学は下記の通り受験資格の年齢制限が狭いのが特徴的ですので、できれば高校生現役で合格したい大学になります。気象庁の幹部候補生の採用を目的とする試験ですので、高卒公務員試験の中でトップクラスに難しいと言われています。学力の目安で言えば、地方国立レベルを目安にしておいた方が良いかと思います。気象大学入学試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!気象庁って...

皇宮護衛官試験は大卒区分を設けて幹部候補を採用するようになりました。試験に合格後は警察庁の機関1つである皇宮護衛官本部の職員になります。毎年募集人数が少ないのが特徴的な試験で、倍率もかなり高くなっています。公安系の職種の中では難しい部類の公務員試験に入ります。皇宮護衛官採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!皇宮護衛官ってどんな仕事?仕事内容は主に...

刑務官試験に合格して採用されると刑務所、拘置所、少年刑務所などに配属されます。刑務官の職員には仕事柄高い精神力・体力が求められていて、採用試験でも適性があるかどうか試されます。公務員の中では比較的離職率の高い職場ですので、半端な覚悟で務まる仕事ではなさそうです。ちなみに民間企業経験者向けの社会人枠も何度によっては募集しているようです。刑務官採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置し...

空港警察官とも呼ばれる入国警備官は毎年高倍率で公安系公務員の中では難しい試験です。また、これは公務員試験全体として言えることですが、入国警備官試験でも面接重視の傾向があります。基礎能力試験も大切ですが、面接対策をおろそかにすれば合格するのは難しいでしょう。早期の段階で対策を練ることをおすすめします。ちなみ社会人枠の試験も年度によって実施しているようです。民間から公務員への転職を狙っている方は必見で...

裁判所事務官は公務員の中でも人気の職業の1つです。その理由は様々なメリットがあることです。実は裁判所事務官は一定の条件を満たすことで、司法試験を通過しないで裁判官の業務を行えるようになります。また、これも一定の条件が必要になりますが、国内法律系資格では難関とされる司法書士の資格を取得することができる特典があるのです。魅力的な職業ですので当然難易度は高くなっています。裁判所事務官採用試験対策のおすす...

日本でたった1つの国立図書館である国会図書館職員の難易度は一般職、総合職共にハイレベルな状況になっています。その理由の1つがそもそもの国会図書館職員の人数が少ないため募集数も限られているからです。下記の総合職の競争率もそうですが、倍率は100倍以上・200倍以上は当たり前ですので、人の何倍も努力しないと合格するのは難しいでしょう。国立国会図書館採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設...