国家一般職のおすすめ予備校

MENU

国家公務員一般職予備校おすすめランキング

国家公務員一般職試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と国家一般職試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

国家一般職対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

国家一般職公務員予備校ランキング

 

 

 

 

国家一般職の予備校スクール

大卒国家一般職の公務員になるには基礎能力試験・専門試験の攻略は必須になります。しかし、独学でこれらを効率的に試験対策をするのは難しく、専門的ノウハウを持った公務員予備校を利用するのが得策とされています。大卒で現役合格を達成した方の中には通信講座ではなく、ダブルスクールとして大学・公務員予備校を両立させた学生も大勢います。また、公務員の面接は民間就職と異なる性質を持っているので面接のみの講座を扱っている予備校も中にはありますので、必見です。国家公務員一般職採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

国家一般職ってどんな仕事?

 

採用されると、本省又は地方機関に配属されます。仕事の内容は高度な仕事が中心となるキャリア組と比べて、ノンキャリア組は雑務・庶務的な仕事が中心になります。イメージで言うと主役を影で支える名脇役のような存在です。しかし、努力・実力によってはノンキャリアでも本省幹部への道は開けますので、出世を諦める必要はありません。

 

国家一般職採用試験の概要

 

主な試験区分

 

行政、電気・電子・情報、林学、化学、農学、土木、機械、建築、農学農村工学、物理など。

 

受験資格
*下記の内容は平成24年度実施の内容です。

 

年齢制限(大卒):21歳以上30歳未満(例外あり)

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬~中旬

 

一次試験:6月中旬

 

二次試験:7月中旬~8月上旬

 

最終合格発表:8月下旬

 

試験内容

 

1次内容:教養、専門試験(記述式又は択一式)、一般論文

 

2次内容:個別面接

 

*職種によって若干異なります。

 

試験倍率・難易度

 

*大卒(行政・関東甲信越地区

 

受験者数:14,322名

 

最終合格者数:873名

 

競争率:約16.4倍

 

難易度:難しい

 

初任給

 

行政職(大卒):約203,196円(見込)

 

 

通信講座比較通学講座一覧