警察官予備校比較ランキング

MENU

警察官試験予備校・専門学校おすすめランキング

”街を守る”という強い使命を持った猛者たちが集まる採用試験になりますので、一筋縄では行かないのは周知の通りになります。

 

もちろん、独学で合格することも不可能ではないのですが、現実的に考えると警察官予備校・専門学校を利用するのが効率的に選択肢であると言えます。今回紹介しているのは評判&口コミ評価に優れた実績や信頼性に優れている名門スクール塾に厳選しています。

 

知名度の高い有名な企業が運営されていますので、「この学校大丈夫?」というようなことはないと思います。安全・安心して選びたい方にとっても非常に参考になる警察官予備校比較・おすすめランキングになっていますので、どうぞ最後までチェックしてくださいませ。

 

複数の警察官試験学校に資料請求で比較

 

 

大卒程度の絶対的王者

 

「体力には自信があるけど勉強は・・・」

 

「部活に集中していたら、試験本番まで残りわずか・・・」

 

「人前で話すが苦手で面接が不安・・・」

 

そのような方にTACはおすすめです。例えば入門付総合本科生であれば中学・高校レベルの数学、国語、理科などを学ぶことができます。無駄なプライドが邪魔をして、基礎を学ぶことを拒む人もいるみたいですが、そのようなことを気にしていては合格は遠のいてしまいます。

 

本質的な部分を見極めて効率的に学習することができるのがTACの魅力でスタンダードコースである総合本科生以外においても複数の講座がありますので、1人一人魅力を感じたコースを選ぶことができます。

 

 

高卒程度から大卒程度まで様々な試験区分で高いクオリティーの生講義を実施している東京アカデミーの存在を知っている人は多いと思います。警察官予備校比較では欠かせない存在になりますので、候補の1つにシッカリと加えておきましょう。

 

なお、特徴・魅力を簡単にまとめてみましたので、下記をご覧くださいませ。

 

  • 様々学歴区分で実績豊富
  • 教養試験対策に強い
  • 面接対策も充実
  • 自治体別の警察官試験対策OK

 

現役の高校生・大学生から既卒者まで警察官採用試験対策をして合格を目指してる受験生がこぞって東京アカデミーを選ぶには理由があります。その1つが一般知能・一般知識問題で構成されている教養試験にあります。

 

実は警察官採用試験では専門試験が無いので筆記試験は実質的に教養対策がメインになります。(もちろん、適性検査や作文・論文試験などもありますが・・・。)

 

教養試験を効率的に暗記したり、覚えたりするノウハウが抜群に優れているのが選ばれる理由で口コミ・評判理由になっていると考えられます。また、人物重視の昨今において質問項目の予想やその対策は欠かせません。確かに対策なしに合格できる強者もいますが、正直言ってそれは少数派であると思います。最終的にはマニュアル的に答えないようにするのもアリですが、基本は身に着けるべきです。

 

東京アカデミーを視野に入れておいてはいかがでしょうか?

 

 

全国各地に多数の教室

 

通学講座目線で考えた時に優位の経つのが大栄の存在になります。何となく中小規模の学校イメージがありますが、実は大原やTACよりも提携教室を合わせると校舎数に限った話をすれば多いのが特徴的になります。

 

実際に知っている人は知っていると思います。また、社会人にも通いやすい学習システムになっていますので、転職を希望されている民間企業で働く方も必見です!

 

 

WEBを使った学習が基本になりますので、社会人など忙しい人におすすめです。

 

 

警察官専門学校おすすめランキングで必ずと言っていいほど各メディアに取り上げられているが大原の存在になります。専門課程では概ね1年制と2年制に分かれているのがポイントで途中で民間へのシフトチェンジも可能になります。

 

「警察官になりたいけど、まだ迷ってるんだよね~」と気持ちが揺らいでいる方にもおすすめです。また、学生時代にあまりスポーツをされていない方でも体力試験対策をすることができるように校舎によってはトレーニング器具・施設が設置されています。環境面で言えばトップクラスに優れていますね。

 

 

他社と比べると5分の1程度の値段で受講することができます。但し、通学コースはなく、自宅学習コースのみになります。

 

金額の割にはテキスト・教材は充実していますので、警察官予備校・専門学校に通うほどコストを掛けられない人におすすめです。

 

 

地方エリアにも多数のスクール塾があります。次世代のチューター学習の注目度は高いですね。

 

警察官予備校Q&Aコーナー

 

勉強に関する悩み・不安はいろいろあると思います。そこでよくある質問をまとめて回答する企画を新設させて頂きました。

 

基本的に口コミや評判などから皆が思っている疑問点を中心に取り上げていきたいと考えています。常に最新情報を更新していきたいと考えていますので、頻繁に新着Q&Aを掲載したいと考えています。

 

高卒程度(3類・3種)の警察官試験対策に予備校は必要なの?

独学や無料公務員講座で勉強して合格することも可能ですが、それではライバルに差をつけるのは難しいでしょう。警察官採用試験と言えば倍率・競争率は5倍以上越えるケースがほとんどです。激戦区になると倍率は15倍以上になる可能性もあります。よく考えて頂きたいのは警察官試験は誰もが合格することができるモノではないという点です。合格するためには勝ち残るためのノウハウを得ることが大切になるのです。独学では合格ノウハウを得ることや効率的な勉強をするのは難しいでしょう。当サイトでは通信講座か通学講座の警察官予備校を活用して教養試験、作文・論文試験、面接試験対策の効率を上げることをおすすめします。

 

大卒程度(1類・1種)警察官は独学では難しい?

県庁・市役所の行政職区分の上級試験と比較すると難易度は低い試験です。公務員試験全体で見ると難易度は低く合格しやすいのが特徴的です。しかし、警察官試験は簡単と言われていますが、近年難易度が上がってきていると言われています。その理由は面接・人物試験(集団・個別・グループディスカッション等)です。多くの自治体の警察官採用の基準の重きを置いているのが人物です。1次の教養試験など筆記試験で高得点を叩き出しても、2次試験の面接で落とされてしまうケースが多く、独学で合格するのが難しくなってきているように思えます。確かに独学で大卒警察官試験に合格することは可能ですが、それではライバルに差をつけるのは難しいでしょう。大卒警察官採用試験の合格ノウハウを持っている予備校を活用することをおすすめします。現在、独学で勉強している方も切り替えるのはまだ遅くないですよ!

 

社会人で受験するなら予備校・専門学校は活用するべき?

忙しい中、警察官への転職を目指してる社会人にとって勉強の効率は重要になってきます。1日の中で限られた時間で勉強して合格レベルまで達するのは思っている以上に大変なことだと考えておきましょう。多少お金を掛けてでも警察官試験合格のノウハウを持っている社会人向けの警察官予備校・専門学校を活用することをおすすめします。また、通信講座と通学講座で悩む方もいるようですが、自宅近くに学校がある場合以外は通信講座(通信教育)がおすすめです。

警察官予備校比較記事一覧

警察官は大学に進学をしなくても高卒から就職することも可能です。但し、大学での経験は一生涯においてかけがえないの無い宝物になるケースも多く、家庭内の金銭事情にもよりますが、焦ってすぐに決断する必要はないという意見も多くあります。また、警察官を目指す方で大学に進学するメリットとして挙げられるのは下記の通りになります。年収・給料が高くなる出世・昇任スピードが早い人脈が作れる今後社会で生きる上で必要な様々...

警視庁予備校おすすめランキングについて紹介しているコンテンツです。主に大卒程度(1類)と高卒程度(3類)の警視庁警察官・警察事務区分の採用試験対策の予備校について紹介しています。当サイトで紹介している警視庁予備校は評判・口コミ評価の良好な大手スクール・専門学校に厳選しているので、現在通学講座・通信講座の予備校選びに迷っている方も決めやすいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね。警視庁採用試験...

警察官採用試験対策の通信講座・通信教育おすすめランキングを紹介しているページです。大卒程度・高卒程度の警察官通信講座で評判・口コミ評価の良好なスクールに厳選して、おすすめランキング作成の対象にしているので、警察官通信講座を比較して選びやすいと思います。今回紹介している警察官試験に強い人気通信講座・通信教育は東京アカデミー、TAC、LEC、資格の大原、クレアール、たのまな、資格スクール大栄、ユーキャ...