証券アナリスト予備校評判

MENU

証券アナリスト予備校おすすめはどっち?TAC・LECで講座を比較

証券アナリスト予備校をTAC・LEC東京リーガルマインドで比較してみました。評判・口コミ評価の高い2校なので、信頼して受講することができます。

 

証券アナリスト試験対策は独学か通信講座か?それとも通学?

証券アナリストの試験対策は①独学②通信講座(通信教育)③通学講座(通学教室)の3つのパターンが主流になります。証券アナリストの出題科目は独特な内容が多く、正直言えば独学ではなかなか難しいのが現状です。独学者の口コミでは「理解するのに時間が掛かる」、「テキストを読んでも頭に入らない」などの意見が多いです。独学で合格できない訳ではありませんが、証券アナリストは金融系資格の中でも難易度の高い資格です。効率を考えると通信講座か通学講座が理想だと思います。続いて通信講座か通学講座で選ぶ場合についてです。実は大手クラスでも通学講座を開講している校舎は少ないのが現状です。例えば資格のTACでは渋谷校・八重洲校で講座によっては対応しているようです。資格取得を目指す方のほとんどが社会人の忙しい方ですので、現実的に考えると通信講座・通信教育がおすすめです。

 

証券アナリスト講座をTAC・LECで比較ランキング

 

公式HP TAC LEC

通信講座

通学教室

-

サポート体制

初学者向け

学習経験向け

社会人対応

おすすめ度

予備校ランキング

証券アナリストになるには

資格・検定・認定名称 証券アナリスト(CMA)
資格種類 民間資格
受験資格 原則誰でも受験可能
受験料 1次試験は経済・財務分析:3,000円

証券分析ポートフォリオ・マネジメント:6,000円
2次試験:8,000円

試験日程 1次試験:4月、9月又は10月

2次試験:6月

合格率 経済:約44%

財務分析:約50%
証券分析とポートフォリオ・マネジメント:約50%
*1次試験

資格内容・魅力 証券アナリスト試験に合格すると金融のプロフェッショナルとしての称号が与えられる。財務・証券分析の高度の知識を使って、将来を予測します。職場は主に証券会社・金融機関が多いです。その他の会社ではIRや財務部門と言った金融の知識を活かす仕事を担当して活躍するケースが多いようです。また一定の実務経験等の証券を満たすことでCMAへの道が開け、その後、努力次第で条件を満たすことで国際公認投資アナリスト(CllA)になることもできる。
予備校・スクール TAC・LEC
講座申し込みの前に 三井住友VISAカード還元率を利用して受講料をお得に!
就職・転職サポート 準備中です。
問題集・参考書 証券アナリスト 問題集

証券アナリスト予備校おすすめ記事一覧

TAC証券アナリスト講座の評判・口コミ評価は非常に高く、人気予備校の1つです。テキスト・講座内容(通学又は通信)の評判レベルは下記の通りです。なお、合格実績については情報を得るごとに配信していきますので、お見逃しなく!TAC証券アナリスト対策コースの評判・口コミ評価:*評判・口コミ評価レベルは独自の調査によるモノです。予備校選びの参考にしてください。予備校名資格のTAC資格・能力アップ証券アナリス...

LEC(レック)証券アナリスト講座の評判・口コミ評価は下記の通りです。(独自の分析・調査結果になります。講座選びの参考にしてみてください。)LEC証券アナリスト講座の評判・口コミ評価:資格の学校・スクールLEC(レック・れっく)東京リーガルマインド資格・スキルアップ証券アナリスト受講タイプ通信講座(DVD、音声DL、WEB動画など)講座のコース種類1次試験対策講座、2次試験対策講座資格・講座内容証...