消防士予備校比較ランキング

MENU

消防士予備校・専門学校おすすめランキング

消防士になるには各自治体の採用試験に合格する必要があります。親が大金持ちでも、政治家・行政の幹部でも裏ルートはなく、例外なく受験する必要があります。概ね消防官の試験科目は教養試験、作文・論文試験、体力試験、面接試験の4つが基本になります。それを対策してライバルたちに差をつけることができれば最終合格をするのはそれほど難しい話ではないでしょう。

 

独学という手もあるのですが、効率性を考えるとやはりノウハウを持っているサービスを利用するのが理想的です。

 

今回紹介するのは消防士予備校・専門学校比較ランキングになります。当サイトで紹介している消防士試験対策の学校は評判・口コミ評価に優れていますので、安心して受講することができると思います。それでは早速、おすすめ一覧に拝見して頂ければと思います。

 

複数社へ資料請求で比較しよう!

 

 

上級レベルに滅法強い

 

大卒程度の消防官採用試験対策をするのであれば1次~2次まで徹底的に学べるTACがおすすめです。正直な話を申し上げると料金体系を見ると決してリーズナブルとは言えません。しかし、コストパフォーマンス的な目線で考えた時にはメリットは大きく写ることでしょう。

 

何がスゴイか?を具体的にまとめると下記の通りになります。

 

  • 大卒区分に特化している
  • 学習メディアが多彩
  • 短期合格を目指せる
  • 夜間もあるので社会人も通学しやすい
  • 合格実績が豊富

 

いろいろ魅力については挙げられる部分が多いのですが、何より証明しているのは”結果”です。毎年の合格者数を見れば一目瞭然ではありますが、数ある消防士専門学校・予備校の中でもトップクラスの成績を残しています。特に面接対策に力を入れていますので、口コミ・評判などを検証すると最終合格する上で一歩リードできるのではないか?と推測しています。

 

 

生講義の本気指導

 

東京アカデミーは半端な気持ちで受験する方には向きません。「絶対に合格するんだ!」と強い信念と職業に対する志を持っている人におすすめです。最大の特徴と言われているのは自治体別・市町村区別の消防士試験対策に幅広く対応されているという点になります。もちろん、全てのエリアを知り尽くしている訳ではないのですが、主要となる中核市や政令都市レベルであればほとんど網羅していると推測されます。
最近の受験者の口コミなどを見ているとピンポイントで勉強・対策をしたいと考えている傾向が強いと思います。簡単に言えば「○○市で消防官として働きたい!」みたいな感じです。確かに愛着の無い街より昔から住んでいたり、何か思い入れのある街の方が仕事をするやりがいがありますからね。明確に志望先がある方にマッチングしています。

 

 

教養試験対策のスペシャリスト集団

 

高卒程度から大卒程度まで幅広い試験対策に力を入れているのが特徴的になります。

 

もちろん、置かれている環境においても現役組、既卒・社会人組など様々ではありますが、基本的に迷ったら通学であれば資格スクール大栄は候補の1社として加えておくべきです。全国各地にスクール塾を構えていますので、自宅近くから通えやすい距離にある可能性もありますので、さっそく教室検索をしてみてくださいませ!

 

 

消防士専門学校おすすめランキングの常連と言っても過言ではないですね。大手・有名な学校ですので、知らない人はほとんどいないと思います。公安系の職種において大切な体力試験対策をすることができる設備もありますので、最後の追い込みをしたい方にとっても最適な学習環境であると言えます。

 

 

極限までコストを抑えたい方に人気があります。特徴をザックリ説明すると”格安”です。なので薄っぺらい内容なのではないか?と調べてみると結構、高性能なテキスト教材を提供されているから驚きです。実際に消防士予備校の口コミ・評判の中でも優れているサービスの1つに入ると思います。

 

消防士予備校Q&Aコーナー

 

ココでは消防官採用試験に関する「よくある質問」をまとめたコーナーを作成しました。今後も必要だと考えるお題は積極的に追記していきたいと考えていますので、最新情報をチェックをよろしくお願いします。

 

高卒程度の勉強方法を教えて!

自治体によって高卒程度の消防士試験区分の名称は3類・3種・初級などのように異なります。まず、消防士試験を受験すると決意をした後に考えるのが勉強方法ですね。消防士など公務員試験は基本的に倍率・競争率が高く、高校生現役で合格することができるのは数少ないと言われています。大抵浪人して高卒消防士試験を受験する方は予備校(通信・通学)を利用していますからね。やはり勉強するポイントや合格ノウハウを持っている学校を活用している消防士浪人組が試験では強いですね。一般的に大卒程度試験に比べて高卒程度で消防士予備校を利用する人は少ないですが、ライバルに差をつけるという意味でも通信講座か通学講座の消防士試験予備校を利用して勉強することをおすすめします。

大卒消防士試験対策の勉強方法は通信・通学どっち?

大卒程度の消防士試験を受験する大学生・浪人生の勉強方法について今回は少しだけ解説していきたいと思います。高卒程度に比べて難易度が高くなっているのが特徴的ですが、一般的に独学より通信講座や通学講座を利用する方が効率的と言われています。理由は簡単で独学では膨大な消防士試験の範囲から要点を絞った効率的な勉強をするのは難しく、短期で効率的に学力アップを狙うのであれば消防士予備校を活用するのがいいでしょう。通信講座と通学講座のタイプで悩む方も多いようですが、当サイトでは通信講座・通信教育をおすすめしています。忙しい社会人や大学生でも対応しやすいですからね。時間に余裕がある人であれば通学講座を視野に入れるのもアリですが、基本的には通信講座がおすすめです。

社会人で受験するケースの勉強方法とは?

社会人で消防士試験を受験する方で最初に決めるのが試験対策の勉強方法ですね。社会人向けの消防士転職対策の勉強方法はズバリ通信講座・通信教育ですね。ハッキリ言えば働きながら勉強する方より仕事を辞めて消防士試験受験対策に専念している方は勉強できる時間が多い分有利だと思います。ただでさえ1日に勉強できる時間が限られている社会人にとって通学している時間も勿体ないことですし、頻繁に通うのは結構大変なモノです。社会人で消防士転職を目指すのであれば通信講座・通信教育がおすすめです。

消防士予備校比較記事一覧

東京消防庁の予備校おすすめ一覧東京消防庁採用試験対策の予備校・専門学校おすすめについて紹介しているページです。東京都内で評判・口コミ評価・人気の高い消防士予備校・専門学校に厳選しているので、比較して決めやすいと思います。高卒程度、大卒程度、社会人で東京消防庁採用試験を受験する方は必見です。独学で勉強している方も下記で紹介している東京消防庁予備校を選択肢に入れておくことをおすすめします。下記は東京都...

高卒程度・大卒程度・社会人受験者必見!消防士・消防官採用試験の通信講座おすすめランキングを紹介しているコンテンツです。消防士通信講座・通信教育を比較したり、おすすめランキングを作成しているWEBサービスが少なかったので、今回当サイトでは調査・分析により「消防士通信講座おすすめランキング」を作成しました。紹介している消防士通信講座・通信教育のスクールは東京アカデミー、資格のTAC、LEC、大原、クレ...