公務員試験の筆記対策

MENU

公務員の教養・専門試験対策

公務員の教養(知能分野・知識分野)・専門試験の勉強方法について解説していきます。

 

公務員試験の対策時間で最も掛かると言われているのが、一次試験又は二次試験の筆記テストです。

 

高卒程度の試験内容

 

筆記テストは高卒程度の試験の場合は教養試験と言われる、受験者基礎能力を試す試験が中心になります。

 

技術職の場合は専門試験が出題されるのが、一般的ですが、高卒の事務・行政系の公務員試験では基本的に専門試験は出題されていません。

 

そのため、地方初級・国家一般職、警察官・消防士などを目指す方のほとんどは教養試験対策に全力を注げる訳です。

 

大卒程度の試験内容

 

大卒公務員試験では専門試験が合格のカギになります。(一部の自治体では教養試験限定で実施もある)

 

また、試験区分によっては専門試験を記述・択一に分けて実施するケースもあり、1次試験突破後も筆記テストが待ち構えている場合もあります。

 

教養試験は大卒・高卒で難易度に差はありますが、出題科目などはほとんど一緒になります。また、高卒の場合は作文として出題されていますが、大卒では論文になります。

 

総合職レベルになると政策論文、社会人公務員では経験者論文など難易度の高い形式で出題されることもあります。

 

受験生の勉強法・仕方は?

 

公務員試験の勉強対策はシンプルに通信・通学・独学の3つです。やはり、独学・市販テキストでは効率が悪く、慌てて公務員通信・通学予備校に切り替える方も結構多いようです。

 

公務員・消防士・警察官試験対策のために大学と予備校のダルブルスクールをしている方も結構います。

 

個人的には公務員試験の勉強方法として、会社員・アルバイトで忙しい方は通信講座、公務員試験に専念したい方は通学教室がおすすめです。

 

しかし、中には独学で公務員試験を突破している、強者もいますので、自分の勉強方法に自信がある方はあえて、予備校に通って筆記試験対策をする必要は無いと思います。

公務員試験対策記事一覧

公務員・警察官・消防官の採用試験では、まず一次試験に教養試験を突破する必要があります。教養試験には大きく、知能分野と知識分野があります。ここで、紹介するのは知能分野になりますので、是非、参考にしてみてください。教養試験合格のカギは知能分野にある地方公務員・国家公務員試験では教養試験又は基礎能力試験が出題されています。教養試験と基礎能力試験の違いは何?とよく質問されますが、試験内容の名称が異なるだけ...

公務員・警察官・消防士の採用試験で出題される教養試験の知識分野対策について解説していきます。公務員試験では、ご存知の通り、ほとんどの自治体・省庁で教養又は基礎能力試験が実施されています。教養試験と基礎能力テストの違いは知能分野でも触れましたが、名称が違うだけで、内容は同じと考えてください。知識分野は暗記力と効率性が勝負公務員試験の知識分野・知能分野の比率は大抵半々になっています。若干、知識分野の方...

公務員試験の論文・小論文対策やおすすめの参考書について紹介します。公務員試験では高卒程度(初級)では作文、短大卒程度(中級)では作文or論文、大卒程度(上級)では論文が出題されます。社会人経験者試験の場合は経験者論文など課せられるケースもあります。今回は主に公務員論文の書き方など対策について説明していきます。一般的に筆記(基礎能力・専門試験)、面接試験(個別・集団)などの配点比率が高い公務員試験で...

公務員試験の面接限定(のみ)の講座・予備校や対策手法について紹介します。面接対策として重要なのは、どこの公務員予備校・ノウハウのある商材を利用するか?という点です。今回は数ある面接講座・予備校の中から厳選して大卒・社会人経験者におすすめの面接対策講座をピックアップしました。高卒程度については予備校一覧から資料を集めて比較してみてください。TACの面接対策講座がおすすめTACの公務員単科講座では面接...

公務員試験合格に掛かる学習期間・勉強時間の目安について紹介します。公務員試験に合格するために大切なのは合格するための勉強・学習計画を立てることです。おすすめなのが、通学教室又は通信講座でノウハウが詰まったカリキュラムを作成してもらうことですが、独学で挑戦するのであれば、自分で計画的に公務員試験の勉強を進める必要があります。公務員試験筆記テスト合格までの期間・時間の目安下記の内容は当サイトの独自の調...

公務員の離職率は低いことで有名ですが、仕事を離れられないほどの魅力と一体何なのでしょうか?人気の理由とは?今日は人気の職業ランキングで近年上位に入る公務員の魅力を紹介していきます。民間企業には無いモノ民間企業や公務員以外のその他の団体では働く目的は組織の利益のはずです。公務員と民間企業を比較して、私が一番の違いと感じるのは仕事の目的です。常に自分の会社の利益を追求する民間企業に対して公務員の仕事の...

民間から公務員へ転職する方におすすめの予備校・専門学校・塾について紹介しているページです。現在、民間企業で働きながら公務員試験に受験しようと考えている方は結構大勢いますので、当然、転職者が視野に入れる「社会人経験者採用試験」、「民間企業職務経験者試験」の倍率は高水準になっています。それでは他の経験者採用の受験者と差をつけるためにどうするか?という問題になりますよね。多くの転職者が利用するのが公務員...