公務員試験の知能分野

MENU

公務員・警察官・消防士の知能分野対策

公務員・警察官・消防官の採用試験では、まず一次試験に教養試験を突破する必要があります。

 

教養試験には大きく、知能分野と知識分野があります。ここで、紹介するのは知能分野になりますので、是非、参考にしてみてください。

 

教養試験合格のカギは知能分野にある

 

地方公務員・国家公務員試験では教養試験又は基礎能力試験が出題されています。

 

教養試験と基礎能力試験の違いは何?とよく質問されますが、試験内容の名称が異なるだけで、ほとんど一緒と考えていいと思います。

 

公務員試験は上記で触れたとおり、知能分野と知識分野に大きく分かれています。大抵の試験の分野の得点比率は半々になっています。

 

例えば、50点満点であれば25問ずつ、45点満点であれば知識23問・知能22問などに分配されているケースがほとんどになります。

 

公務員試験の一次試験の合格点の目安は7割以上と言われていますので、知識・知能の両方を万遍なく対策する必要があります。

 

知識分野は基本的に中学・高校の授業で習った問題がほとんどですので、今まで、真面目に勉強してきた人であれば、それほど難しくないはずです。

 

しかし、知能分野では、学校では習わない特殊な問題が出題されることになります。詳細を説明すると、文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈の4つで構成されています。

 

おそらく、公務員試験を始めて受験する方は聞いたことも、解いたこともない方がほとんどだと思います。必然的に知能分野を攻略できるか、どうかが試験合格のカギになる訳なのです。

 

知能分野記事一覧

地方公務員・国家公務員採用試験で出題されている文章理解の解答のコツについて紹介します。公務員の教養試験で出題数が多いのが文章理解です。採用試験によって多少異なりますが、おおむね、10問程度出題されています。50点満点の教養試験と考えても、約20%を占める、大変重要な科目になります。1~2問の出題であれば、どうしても、苦手な場合は捨てることもできますが、文章理解は決して捨てることはできません。この科...

公務員・警察官・消防士試験には学校の授業では習うことの無い、判断推理という問題が出題されます。判断推理とは暗号・倫理・条件など様々な面から問題を解く、クイズのような問題です。受験生が一番楽しいと感じる科目で、得点源としている学生・社会人の方は多いようです。判断推理の解き方のコツ・テクニックを紹介していきます。数学の知識は必要か?判断推理の問題を解く過程で、大切になるのが数学の基礎知識です。数学苦手...

公務員試験の数的推理の解答のコツについて紹介します。数的推理は公務員試験の中で、個人的に一番不得意な受験生が多いように思います。と言っても、決して難しい訳ではないんですよ。超簡単!と言って問題を軽々解いてしまう受験生もいますし、全然解けない方もいます。数的推理は得意・苦手が二極限化する科目なのです。その理由が中学レベル数学知識です。判断推理も数学の知識が多少必要になりますが、数的推理で使う不等式・...

公務員試験の知能分野科目である資料解釈について説明します。資料解釈とは表・グラフから正確な数字を割り出す考察能力を試す試験です。主に1~2問出題され、知能分野の中では出題数が少ない傾向があります。意外と時間が掛かる?正直言うと、優秀な頭脳の持ち主であれば、ほとんど勉強しなくても解けてしまいます。多少、計算が早い方が時間的な面で有利になりますが、基本的な計算能力があれば解くことができます。表の数字が...