公務員試験合格までの期間・勉強時間

MENU

大卒・高卒・社会人公務員試験合格までの目安

公務員試験合格に掛かる学習期間・勉強時間の目安について紹介します。

 

公務員試験に合格するために大切なのは合格するための勉強・学習計画を立てることです。

 

おすすめなのが、通学教室又は通信講座でノウハウが詰まったカリキュラムを作成してもらうことですが、独学で挑戦するのであれば、自分で計画的に公務員試験の勉強を進める必要があります。

 

公務員試験筆記テスト合格までの期間・時間の目安

 

下記の内容は当サイトの独自の調査で検証した結果です。また、独学ではなく、公務員予備校で効率的に学習していることを前提にした目安になっています。

 

内容を保証するモノではありませんので、参考までに留めておいてください。当然、個人差がありますので、下記の期間・勉強時間より、短い期間で合格できる人もいれば、長期間かかる方もいます。

 

大卒程度の公務員試験(勉強期間・時間の目安)

 

国家総合職:2年半~(目標勉強時間は2500時間~)
国家一般職:1年半~2年(目標勉強時間は1000~1500時間)
地方上級:2年~(目標勉強時間は1200~1700時間)
*都道府県庁・政令都市・特別区の行政職
市役所:1年半~(目標勉強時間は1000~1500時間)
消防士:半年~1年半(目標勉強時間は800~1000時間)
警察官:半年~1年半(目標勉強時間は700~900時間)

 

高卒程度の公務員試験(勉強期間・時間の目安)

 

国家一般職:半年~1年半(目標勉強時間は500~1000時間)
地方初級:半年~1年半(目標勉強時間は400~800時間)
*都道府県庁・政令都市・特別区の行政職
市役所:半年~(目標勉強時間は300~600時間)
消防士:3ヶ月~半年(目標勉強時間は200~500時間)
警察官:3ヶ月~半年(目標勉強時間は150~400時間)

 

社会人経験者の公務員試験(勉強期間・時間の目安)

 

民間企業職務経験者2年~(目標勉強時間1500時間)

 

社会人枠の公務員試験は国家・地方問わず難易度にバラつきがあります。倍率200倍以上の超難関試験も珍しくありません。

 

上記の期間は中央値ととらえていただければと思います。

 

目指す試験によっては、3~5年程度の長期で目指す必要が出てくる可能性があります。働きながら公務員試験合格を目指すのであれば、それなりの覚悟を持つ必要があるのでしょう。

公務員試験合格までの期間・勉強時間記事一覧

公務員試験に合格して就職・採用までの具体的な流れについて紹介します。公務員になると決めたら、どのようにして就職・採用されるのか、流れを掴んでおくことはとても大切なことです。参考までのどうぞ!第一志望を決める公務員の種類は多種に渡ります。国家公務員・地方公務員、事務系・技術系・資格免許系などなど。様々な公務員の職種から第一志望を決めて、目標を定めましょう。また、公務員試験は現在のところ受験料は無料で...

公務員試験の採用候補者名簿の登載について紹介します。公務員・警察官・消防士・自衛隊・教員など採用試験で最終合格すると採用候補者名簿というモノに名前が搭載されます。成績の順位で名前が並べられますので、基本的には得点の高い成績優秀から順番に採用が決定することになります。大卒程度の国家公務員総合職・一般職については最終合格後(採用候補者名簿に登載後)に中央官庁の説明や自分の志望先の官庁に訪問して、採用し...

公務員・警察官・消防士・教員採用試験の併願について説明します。公務員試験のメリットの1つとして、交通費等を除けば受験料がゼロ円(無料)ということです。さらに併願も採用試験の日にちが重ならなければいくつ・何個でもすることができます。複数の試験を併願しよう!地方公務員・国家公務員の行政・事務系又は技術職、研究職、資格免許系、、警察官、消防士、教員でも併願することは可能です。当然、何個も受ければ1つくら...

関東の公務員予備校・専門学校をNEW速報で情報をお届け!最新の関東型公務員試験の対策や日程・社会人枠・民間企業経験者採用を徹底的に調べて紹介していますので、是非参考にしてください。当ページはこんな方におすすめです!南関東及び首都圏【東京、千葉、埼玉、神奈川】にお住まいの方東・北・西の関東地方の公務員試験を受験する方関東の公務員専門学校や予備校の最新情報を手に入れたい方社会人採用・民間企業経験者採用...

おすすめの公務員試験について紹介します。今日は、公務員になりたいけど、どの試験を受験すればいいのか分からない方、公務員であればどれでもなりたい方のためにおすすめの狙い目公務員試験ランキングを作成して見ましたので、参考にしてみてください。裁判所職員(事務官)ここ数年間、公務員試験を研究し尽くした結果一番おすすめできるのが、裁判所職員です。高卒・大卒・院卒に試験区分が分かれ、難易度は公務員試験の中でも...

当サイト独自の検証結果による、警察官・消防士・自衛官の違いなど比較ランキングページです。是非に参考にしてみてください。どっちが難しい?難易度を比較①消防士②警察官③自衛官消防士と警察官の差はわずかですが、警察官と自衛官の難易度は大きな差があります。警察官は都道府県単位、自衛官は国家公務員試験に対して、消防士は基本的に市町村区単位で採用試験が実施されるため、自治体によっては採用人数が1~3名と若干名...

県庁、政令都市、中核市、一般市の公務員の違いを比較してみました。転職・就職先の候補として是非参考にしてみてください。年収・給与が高いのは?待遇面比較①政令市②中核市③県庁④一般市県庁職員がこの中では一番給与・年収など待遇面で優れていると思っていた方は多いのではないでしょうか?意外にも政令市、中核市の方が金銭面でメリットが高い自治体が多いのです。また、中核市の中には平均年収が政令市を上回る自治体もあ...

独学で勉強する方も予備校・専門学校の公務員講座を活用する方も手に入れたい公務員試験のテキスト・参考書おすすめランキングを紹介します。今回は大卒程度・高卒程度に分けておすすめ参考書・テキスト【公務員試験】を厳選紹介していきたいと思います。スーパー過去問ゼミ公務員試験対策の勉強の王道中の王道です。特に大卒程度の地方上級・国家一般職を受験する方にとっては必須的なアイテムの1つです。大卒公務員テキスト・参...

日本三大国家資格と呼ばれている国家総合職・司法試験・公認会計士の難易度・倍率【競争率】・平均年収【給料】・モテ度・世間体・社会的地位など徹底比較してみました。難易度&倍率【競争率】世間一般的に言えば一番難しい試験は司法試験ですね。本当に司法試験が一番難しいのか?他の国家総合職と公認会計士試験と比較してみました。まずは試験の実地状況で違いを見ていきましょう。平成26年度国家総合職試験【院卒者】申込者...

地方公務員と国家公務員の魅力を徹底比較してみました。どっちを受験するかの参考にしてみてください。ステータス・世間体が良いのは?イメージ比較”地方公務員”って一般の人が聞くと身近な公的手続きをする市役所や街を守る警察官をイメージする人が多いみたいです。一方”国家公務員”って聞くと今一仕事ややっていることを想像できない人が多いみたいです。例えば財務省・外務省を思い浮かべるときっと頭の良いエリート集団だ...

公務員の事務職・技術職への転職・就職を様々な点から比較して見ました。是非、試験を受ける方は参考にしてみてください。試験の難易度が高いのはどっち?比較事務職と技術職の難易度を比較すると、基本的には地方公務員・国家公務員問わず、事務・行政職の試験の方が受験者レベル・倍率を考えると難しいです。技術職の場合、職種が様々あって、それによっても難易度が変わってきます。給与・年収が高いのはどっち?比較手当の関係...

公務員試験合格のカギになる過去問ベストセレクトを遂に発表!【最新版】多くの公務員受験生が待ちわびた「過去問ベストセレクト」を大公開!【当サイトの調査・分析で選びました。】人気の公務員試験過去問の中から厳選な評価を付けさせて頂きました。参考書・テキスト・問題集のランキングサイトは結構多いのですが、過去問のランキングを掲載しているサービスはほとんどないことに気が付きました。基本的に毎年発表していきます...

2014年10月2日更新!公務員試験予備校に①行くべき人②行く必要のない人の違いを比較するコーナーです。これから公務員試験受験を考えている高校生・大学生・社会人のあなた!予備校に行くべき人なのか?行く必要のない人なのかチェックしておきましょう!行くべき人の特徴・条件・共通点について最初に公務員予備校に行くべき人の特徴について紹介します。公務員通学講座を受講するメリット下記の通りです。質問・疑問をス...