公務員試験でおすすめ・狙い目

MENU

公務員狙い目のおすすめ試験でコレ

おすすめの公務員試験について紹介します。

 

今日は、公務員になりたいけど、どの試験を受験すればいいのか分からない方、公務員であればどれでもなりたい方のためにおすすめの狙い目公務員試験ランキングを作成して見ましたので、参考にしてみてください。

 

裁判所職員(事務官)

 

ここ数年間、公務員試験を研究し尽くした結果一番おすすめできるのが、裁判所職員です。高卒・大卒・院卒に試験区分が分かれ、難易度は公務員試験の中でもトップクラスに高いのが特徴です。

 

なぜ、難易度の高い裁判所事務官をここまで押すのか?長期間、勉強して合格する価値は十分にあるからです。

 

裁判所事務官・裁判所書記官等で、10年以上従事したモノ等の条件を満たすことで司法書士の資格取得することができます。

 

司法書士の資格を知っている人は分かっていると思いますが、この資格は日本でも指折りの超難関資格です。3年以上勉強しても合格できない受験生は結構います。

 

そのレアな資格を一定の条件を満たすことで、ゲットできてしまうのですから、凄い職業ですね。

 

また、本人の努力次第で裁判官への道も開けますので、夢のある職種でおすすめできます。

 

国税専門官

 

ドラマ「半沢直樹」でお馴染みの国税専門官ですが、税金知識が身に付き、高い専門性を身に着けることができると好評を受けている職業です。さらに、一定の条件を満たすことで、超難関資格である税理士試験の一部免除をしてもらうことができ、資格取得が通常の受験より、安易になります。

 

国税専門官の試験の難易度は公務員試験全体で中くらいですので、狙い目と言っていいでしょう。

 

学校事務

 

事務系公務員になりたい方には非常におすすめです。単純に国家一般職、市役所・県庁の行政事務官に比べて、受験生レベル・倍率・難易度が格段に低いので、合格しやすい公務員試験です。

 

教育現場の最前線で働けるので、入学式、体育祭、文化祭、卒業式などあらゆる行事に関わることができます。

 

市役所職員(中核)

 

個人的に都道府県庁・政令都市より中核市の市役所職員がおすすめです。一般的に市役所より県庁や政令都市の方が職員の年収・待遇が良いと思われていますが、実は中核市の方が待遇面で優れていることが多いのです。
さらに、都道府県庁・政令都市は毎年どこも人気で倍率が高いのに対して、中核市は受験者数も比較的少なくそれほど難易度が高くないケースが多いのです。

 

狙い目のおすすめ公務員試験です。

 

警察官

 

このランキングの中では一番年収・給与など収入面で優遇されている公務員です。しかし、交代制で体力系の仕事が多いので、40後半~定年までの体力に心配要素があることから第5位にしました。

 

試験の難易度は事務系公務員に比べて、かなり低いです。高卒・大卒共に3ヶ月で合格する人も結構多いです。

 

同じ位の難易度で消防士・自衛官がありますが、訓練の厳しさを考慮して警察官を選出させて頂きました。