警察官・消防士・自衛官の違いを比較

MENU

警察官・消防士・自衛官の何でもランキング

当サイト独自の検証結果による、警察官・消防士・自衛官の違いなど比較ランキングページです。是非に参考にしてみてください。

 

どっちが難しい?難易度を比較

 

①消防士②警察官③自衛官

 

消防士と警察官の差はわずかですが、警察官と自衛官の難易度は大きな差があります。

 

警察官は都道府県単位、自衛官は国家公務員試験に対して、消防士は基本的に市町村区単位で採用試験が実施されるため、自治体によっては採用人数が1~3名と若干名であるケースも珍しくありません。

 

そのため、小規模の自治体の場合、毎年難易度が大幅に変化することも・・・

 

年収・給与が高いのはどれ?比較

 

①警察官②自衛官③消防士

 

警察官の年収は800万円前後、自衛官・消防士はほとんど変わらず年収は700万円前後です。

 

消防士の場合、小規模市と政令都市では結構給与面で差が出ることも・・・

 

訓練が厳しい公務員は?比較

 

①自衛官②消防士③警察官

 

どれも厳しい訓練を実施していることは間違いないのですが、この中では圧倒的に自衛官の訓練が辛い・厳しいと評判です。

 

また、警察官より消防士の方がどちらかと言うと体力が必要ですので、日々の体力作りの意識は消防士の職員の方が高いように思えます。

 

合コンでモテるのは?結婚しやすい公務員はコレ

 

①消防士②警察官③自衛官

 

この中で女性にモテる職業で断トツなのは消防士ですね。合コンはもちろん、キャバクラ・ホステスでも消防士は比較的モテます。結婚もしやすいと思います。

 

逆に警察官は女性にとって警戒心の強い職業で、公務員の中でもモテない職業です。さらに自衛官に関しては、一般の女性にとって身近な存在ではないので、恐怖心を抱く女性も中にはいるようです。

 

以上「警察官・消防士・自衛官比較」でした!