公務員試験予備校の行くべき人・必要ない人を比較

MENU

公務員試験予備校の行くべき人と必要ない人の違いを比較

2014年10月2日更新!

 

公務員試験予備校に①行くべき人②行く必要のない人の違いを比較するコーナーです。

 

これから公務員試験受験を考えている高校生・大学生・社会人のあなた!予備校に行くべき人なのか?行く必要のない人なのかチェックしておきましょう!

 

行くべき人の特徴・条件・共通点について

 

最初に公務員予備校に行くべき人の特徴について紹介します。公務員通学講座を受講するメリット下記の通りです。

  1. 質問・疑問をスピーディーに解決
  2. 授業タイプだと集中して勉強しやすい
  3. オリジナルテキスト・参考書はレベルが高い【口コミ評価】
  4. 公務員試験の情報を手に入れやすい
  5. 人物試験の面接対策が充実
  6. 予備校それぞれのノウハウをゲットできる

 

上記以外にもまだまだありますが、ポイントを絞って説明するとなると6ポイントが利用する大きな魅力・メリットになります。

 

逆に公務員試験通学講座のデメリットポイントは下記の通りです。

  1. 費用・学費が高い
  2. 通学に余計な時間が掛かる
  3. 忙しい受験生にとっては大きな負担になる
  4. 自分が勉強したい時間に効率的に学習を進めることができない

 

大きな通学講座のデメリットについてまとめてみました。

 

それではメリット・デメリットも踏まえて公務員予備校に行くべき人についてまとめると・・・

 

①大学生・高校生で時間に余裕がある②1人で勉強するのが苦手③公務員予備校までの距離が近い④ある程度お金に余裕がある⑤自分の勉強方法に不安⑥面接試験が不安

 

行かなくても大丈夫!公務員試験予備校を必要としない人の特徴について

 

続いては公務員試験予備校に行かない方がいい人・必要ない人など通学することが向いていない人の特徴について研究・調査してみました。

 

必要ない人の特徴をまとめました。

 

①社会人【働いている人】②大勢で勉強するのが苦手【学生生活を思い返してください!】③学習方法に自信がある④明確な志望動機があり、なお且つ面接試験に自信がある⑤借金しないと予備校の費用を払えない⑥資格の学校までの距離が遠い

 

社会人で働きながら合格を目指すのであれば通学教室より通信教育の方がおすすめです。自宅で質の高いテキスト・DVD・WEB動画・音声DL【ダウンロード】などの教材を手に入れることができるので効率的な勉強を期待することができます。また、通信講座であれば通学タイプより比較的費用・学費についても安い価格・値段になっているので金銭的に余裕がない人にもおすすめです。また、筆記試験・人物試験の両方に自信があるのであれば高い費用・学費を払って利用する意味はないでしょう。そういった高い学習スキルを持っている方は難易度の高い職業でも独学で合格することは十分可能です。