公務員試験の知識分野

MENU

公務員・警察官・消防士の知能分野対策

公務員・警察官・消防士の採用試験で出題される教養試験の知識分野対策について解説していきます。

 

公務員試験では、ご存知の通り、ほとんどの自治体・省庁で教養又は基礎能力試験が実施されています。

 

教養試験と基礎能力テストの違いは知能分野でも触れましたが、名称が違うだけで、内容は同じと考えてください。

 

知識分野は暗記力と効率性が勝負

 

公務員試験の知識分野・知能分野の比率は大抵半々になっています。若干、知識分野の方が出題比率が高い傾向がありますので、受験する試験の実施要項をよく確認しておくことをおすすめします。

 

例えば、知識30問、知能20問の場合ですと、普通の公務員勉強法とは異なってきます。それに応じた勉強配分を考える必要があるので、確実にチェックしておきましょう。

 

知識科目は大きく自然科目(数学、化学、地学、物理、生物など)、人文科目(国語、地理、日本史、世界史、芸術、文学)、社会科目(政治、経済、社会、倫理)に分かれます。(試験によって分け方は若干異なりますので、ご了承ください)

 

科目別に見ると、自然科学は方式や計算を使った問題が中心に、人文・社会科目は暗記問題が中心になります。3分の1は計算など考える問題になるのか・・・とガッカリしている文系の学生もいると思いますが、実は自然科学は出題問題が1科目に付き1~2問と比率が低い傾向があるのです。

 

そのため実質、知識分野の80%程度は暗記問題になる訳なのです。公務員試験の知識分野の攻略は効率的な暗記力と言えるでしょう。

知識分野記事一覧

自然科学は教養試験の知識分野の1つです。自然科学は主に数学、物理、生物、化学、地学で構成されています。全体的に他の分野に比べて出題数が1~2問と少ないのが特徴的です。ここでは、自然科学分野の勉強法や攻略・コツなどを紹介していきます。数学数学は2問程度出題されます。数学の知識が多少あれば、確実に得点できる科目になります。しかし、数学の知識がゼロの場合は正直言って、数ヶ月でなんとかするのは難しい話です...

公務員試験の人文科学の勉強方法・攻略のコツを紹介します。人文科学は教養試験の知識分野の1つで、主に国語、地理、日本史、世界史、芸術、文学で構成されています。国語国語は自治体によっては3問出題されていますので、人文科学の中では重要な科目と言えます。単刀直入に言って、出題範囲がめちゃくちゃ広いで、確実に満点を取るのが難しい科目でもあります。結構、試験の運に左右される場面が多く、満点を取れる時もあれば、...

公務員試験の社会科学の勉強方法・攻略のコツについて紹介します。社会科学は知識分野の1つの科目で主に政治、経済、社会で構成されています。どれも3問程度出題されますので、知識分野では最重要科目と考えておきましょう。得点しやすい科目ですので、高得点を狙いましょう!政治国の仕組みについて出題されます。例えば、基本的な憲法や国会、内閣の組織や仕組み、選挙についてなど様々です。結構、勉強して役に立つ知識が多い...