公務員試験の自然科学

MENU

自然科学の勉強法

自然科学は教養試験の知識分野の1つです。自然科学は主に数学、物理、生物、化学、地学で構成されています。全体的に他の分野に比べて出題数が1~2問と少ないのが特徴的です。

 

ここでは、自然科学分野の勉強法や攻略・コツなどを紹介していきます。

 

数学

 

数学は2問程度出題されます。数学の知識が多少あれば、確実に得点できる科目になります。しかし、数学の知識がゼロの場合は正直言って、数ヶ月でなんとかするのは難しい話です。平面図形など簡単な問題以外は捨ててしまうのもアリだと思います。

 

知識ゼロから関数や因果分数を覚えるのは難しいですし、出題数が考えると、それほど重要視する必要なないでしょう。

 

物理

 

苦手な受験生が多いのが物理です。しかし、出題される問題は基礎的なモノで得点しやすい傾向があります。人によっては物理を捨てることを推奨する人がいますが、勉強時間はそれほどかからないし、自然科学の中でも簡単な部類です。捨てるのは勿体無いです。確実に得点源にしましょう。

 

化学

 

化学は正直言って、元々得意科目でない限り、確実に得点できるようになるまで、時間が掛かります。また、文系の学生にとっては理解するのが難しい科目でもあります。出題も1~2問程度ですので、ノータッチで捨てるのもアリだと思います。

 

生物

 

自然科学で受験生が得点しやすいと評判なのが、生物です。2問程度出題されます。化学・物理は計算・方式を使って解く問題が多いですが、生物はどちらかと言うと、暗記科目です。そのため、今まで全く勉強をして来なかった人でも得点できる科目です。

 

地学

 

地学の特徴は出題範囲が狭いことです。出題数が1問程度と合って、思わず捨ててしまう人も多いようです。しかし、単純な暗記で解ける問題がほとんどですので、勉強時間はそれほど掛かりません。確実に得点できるレベルにしておきたいところです。