公務員試験の社会科学

MENU

社会科学の勉強法

公務員試験の社会科学の勉強方法・攻略のコツについて紹介します。

 

社会科学は知識分野の1つの科目で主に政治、経済、社会で構成されています。どれも3問程度出題されますので、知識分野では最重要科目と考えておきましょう。

 

得点しやすい科目ですので、高得点を狙いましょう!

 

政治

 

国の仕組みについて出題されます。例えば、基本的な憲法や国会、内閣の組織や仕組み、選挙についてなど様々です。

 

結構、勉強して役に立つ知識が多いので、結構集中して取り組むことができると思います。丸暗記で臨む受験生も多いようですが、正直言ってそれだけでは、高得点は難しいです。

 

文章をしっかり読んで、意味を理解しながら覚えるようにしましょう。

 

経済

 

円高・円安、雇用・金利・GDPなどの経済指標など経済の基礎知識から、ミクロ経済・マクロ経済なども出題されます。

 

難しいと感じる受験生は多いようですが、反復学習で問題になれますので、苦手意識を持っている方は、最初はテキストより過去問を解くことを心がけましょう。

 

社会

 

時事問題・社会の常識問題からも出題されます。独学の場合はテキスト・過去問だけではなく、インターネットのニュースなどもチェックしましょう。

 

話題になっているキワードの単語の理解はしておきたいところです。