公務員が人気の職業である理由

MENU

人気の職業公務員の魅力とは?

公務員の離職率は低いことで有名ですが、仕事を離れられないほどの魅力と一体何なのでしょうか?人気の理由とは?今日は人気の職業ランキングで近年上位に入る公務員の魅力を紹介していきます。

 

民間企業には無いモノ

 

民間企業や公務員以外のその他の団体では働く目的は組織の利益のはずです。公務員と民間企業を比較して、私が一番の違いと感じるのは仕事の目的です。

 

常に自分の会社の利益を追求する民間企業に対して公務員の仕事の目的は「公共の利益」です。つまり国民が幸せになりやすい環境を整えるのが公務員の仕事なのです。

 

国民から預かった税金を上手く利用して、充実した国作り・町作りをするやりがいは民間企業では味わえないはずです。

 

「人のために働きたい」ということに重点を置いて仕事を選ぶと、やはり公務員ということになるのではないでしょうか?

 

デフレ・大不況でも安定

 

100年に1度の大不況と呼ばれたリーマンショック後や東日本大震災後でも公務員の収入・待遇は高い水準をキープしていました。

 

一方民間企業は不況になれば、支払える給与の額が減り、人材を削減する必要が出ることもあります。実際に最近でも誰もが知る一流企業が大幅な人件費カットという発表をしていました。

 

しかし、公務員の場合、今のところ不況だから「リストラ」、「ボーナスなし」などといきなりなることはないでしょう。非常に安定感のある職業なのです。

 

公務員になると特典がつく?

 

実は公務員になって一定の条件を満たすことで資格取得又は試験の一部免除という高待遇システムがあるのです。

 

「どうせ難易度の低い資格でしょ?」と思う方がほとんどでしょう。しかし、取得・免除される資格は全て超難関資格なのです!

 

資格取得可能:行政書士、司法書士、弁理士

 

試験一部免除:税理士、社会保険労務士

 

驚きの日本を代表する資格のオンパレードなのです!この中で一番難易度の低い資格が行政書士ですからお得ですね。

 

*上記の資格を全ての公務員が取得できる訳ではありません。

公務員が人気の理由記事一覧

給与は普通だけど安定感がある高校生、短大・専門生、大学生が将来の就職を決める中で必ず重点に置くのが給料・年収など待遇面ではないでしょうか?確かに仕事においてやりがいは欠かせませんが、将来結婚して家庭を持つことを考えると妻(夫)や子供を養えるだけの年収は確保しておきたいと思うのは当然だと思います。そうなると待遇面で魅力の高い公務員は人気の職業になってくる訳です。公務員の給料・待遇面は法律・条令で決め...

国家公務員と地方公務員の異動パターン・サイクル、出世・昇任について紹介します。国家公務員の異動と出世国家公務員の試験区分には大きく総合職・一般職、職種は事務系・技術系に分けることができます。それによって異動パターン・サイクル・出世が異なってきます。一番決定的に変わってくるのがキャリア採用組(総合職)とノンキャリア採用組(一般職)です。キャリア組の異動サイクルは2年程度と短いスパンになります。本当に...

公務員の休暇制度・研修内容について紹介します。勤務時間はどうなっているのか?仕事を決める中で重きを置くのは労働環境ではないでしょうか?国家公務員・地方公務員共に基本的には週休2日制を導入しています。勤務時間は自治体によって異なりますが、おおむね1日当たり7時間45分~8時間程度になります。また自宅から勤務地が遠かったり、その他理由があれば申請して許可をもらうことで、勤務時間をずらしてもらえる制度を...

国家公務員・地方公務員の福利厚生事業のメリット・魅力について紹介していきます。安心で充実したライフスタイル福利厚生事業とは職員やその家族のライフスタイルを充実したモノにすることが目的な制度です。仕事の疲れをレクリエーションする環境を整えていたり、健康維持のための制度が用意されています。休日を充実したモノにするためにスポーツジムや各レジャー施設など(共済組合によって内容は異なる)会員価格で利用できる...

公務員と行政書士の資格・兼業の関係性について最新情報でまとめてみました。公務員になると行政書士の資格を取得できる口コミ・噂でありますが、これは本当なのか?兼業はOKなのか?公務員と行政書士の関係性を徹底検証・調査して速報でまとめました。公務員退職後に行政書士で独立開業!?カラクリについて暴露公務員を定年退職で辞めた後や転職で行政書士として独立開業・会社起業する方は結構多いようです。好んで行政書士と...

司法書士の資格・免除・登録・勤務年数と公務員との関係性について紹介しているページです。司法書士の資格を取得する一番の近道は本当に公務員なのか?徹底的に検証していきたいと思います。公務員から司法書士に転職・再就職!司法書士に公務員が転職するケースが結構あるようです。公務員定年後に司法書士登録をして再就職独立開業をする例もあります。なぜ、公務員は司法書士に転職するのか?疑問について答えて行きたいと思い...

税理士から公務員への転職・・・難しいのか?それとも成功するのか?公務員と税理士の資格免除・登録・兼業・税務署OBなど関係性について徹底検証しているページです。公務員になれば税理士になれる?実務経験や試験免除の条件について国税庁や税務署職員として一定の実務経験や条件を満たすことで科目の一部免除又は全科目免除を受けることができます。但し、税務署での勤務年数が23年以上必要だったり、指定研修を受ける必要...

公務員と中小企業診断士の資格免除の関係性について紹介していきます。ちなみに公務員と中小企業診断士の兼業・副業は基本的に禁止されていますので、気を付けましょう!近年、公務員の給料は削減傾向にあり、生活に苦しい方の中には中小企業診断士と兼業で副業することを考える人もいるみたいですが、処分を受ける可能性があります。中小企業診断士は難関のコンサルタント資格診断士の資格が無ければコンサルタント業務が出来ない...

弁理士に転職するメリット・利点や公務員の資格免除など弁理士の気になることを徹底検証しているページです。公務員・弁理士の資格免除・登録・勤務年数など関連性が気になる方におすすめの最新情報が盛りだくさん!弁理士の資格取得又は試験合格!公務員は辞めるべき?転職のメリット現在、市役所や県庁で働く地方公務員、省庁・官庁で働く国家公務員の皆さん!弁理士試験に合格又は資格取得したら、今の仕事を辞めて転職しますか...

公務員から社会保険労務士の資格を取得して登録するには?公務員と社会保険労務士の密接な関係性や転職・資格免除・優遇制度・実務経験年数など徹底調査・分析をしてみました。当ページは社労士の難易度や試験制度・資格について、社労士と公務員の比較などについて詳しく、分かりやすく説明していきたいと思います。公務員は特例免除で社会保険労務士の資格をゲットできる?グーグルやヤフーで公務員と社労士の関係性を調べてみる...

民間企業で働くサラリーマン・OLと公務員の違いを比較して紹介していきます。高校、短期大学、大学・院を卒業した後に就職するとなると、大きく公務員と民間企業に分かれる訳です。民間と公務員の両方を併願している受験する学生も多いでしょう。しかし、民間企業と公務員の違いを理解していないと、公務員試験を潜り抜けるのは難しいでしょう。なぜなら、仕事の主旨も、求める人材も違いますから。公務員・民間のメリット・デメ...

公務員に向いている性格・人材について紹介します。近年、不景気の影響もあって公務員の人気は加速しています。これまでの人生で特に公務員に興味が無かった人でも、いざ就職をする時期になって、公務員に魅力を感じる人は非常に多いのです。公務員になりたい理由はこんな感じです。*公務員を目指す学生の理由ので多いモノをピックアップしました。やりがいのある仕事ができる安定感に魅力(給与・待遇)世間体が良い研究職・技術...

公務員として就職する取得できる資格一覧について紹介します。実は多くの知らない衝撃な事実があります。公務員に就職すると、一部免除・無試験で取得できる資格に行政書士、弁理士、司法書士、税理士、社会保険労務士、海事代理士があります。(全て勤務年数等の一定の条件を満たす必要があります)資格取得・一部免除できる資格はどれも希少価値、難易度、実用性に優れている、日本を代表する士業資格なのです。上記の内、行政書...