税理士に転職する公務員

MENU

税理士から公務員への転職・・・難しいのか?それとも成功するのか?

 

公務員と税理士の資格免除・登録・兼業・税務署OBなど関係性について徹底検証しているページです。

 

公務員になれば税理士になれる?実務経験や試験免除の条件について

 

国税庁や税務署職員として一定の実務経験や条件を満たすことで科目の一部免除又は全科目免除を受けることができます。

 

但し、税務署での勤務年数が23年以上必要だったり、指定研修を受ける必要があるなどハードは意外と高いようです。

 

全ての公務員が税理士の資格免除することはできませんが、国税庁勤務・税務署勤務など一部の公務員は税理士の資格取得のチャンスがあるのは事実です。

 

公務員・税理士どっちがお得?転職や退職後の独立開業について

 

今の公務員の仕事に飽きて、転職を考えている方は多数いると思います。それは国税庁・税務署勤務の国家公務員も一緒なはずです。

 

特例制度で科目免除や全科目免除で税理士として転職・独立開業を考えている方のために公務員と税理士どっちがお得なのか?最新情報でメリットの違いを徹底比較して検証してみました。

 

税理士試験と税務署職員試験の難易度を比較すると圧倒的に税理士の方が難しいと言えます。【税務署で働く総合職採用の官僚は除く】

 

つまり、税務署職員にとってこの試験制度は非常にメリットがあり、嬉しいことです。採用される前から科目免除制度を知っている方だといずれは税理士として独立開業・会社起業して成功したいと野心を燃やしている方もいます。採用されて働き始めてから知った人でも税理士の仕事に興味を持つ方は結構多いと思います。

 

それでは公務員と税理士どっちがメリットが大きいのか、答えは人によって異なります。税理士は稼げる・儲かる資格として有名ですが、実力によって差がある世界です。年収1000万円越えの税理士もゴロゴロいますが、年収400万円以下の税理士もいます。また、一時期は成功しても10年後には依頼件数が激減する可能性も考えられます。安定感を魅力に公務員になったのであれば、そのまま公務員として働くのが無難だと思います。

 

近年、給料削減繰り返されている公務員ですが、やはり国内の仕事の中では抜群の安定感を誇ります。特に野心ややりたい仕事が税理士に無いのであれば、当サイトでは公務員がおすすめです。未練があるのであれば定年退職後などに税理士として登録して独立開業するのがいいでしょう。

 

補足事項

 

近年、団塊世代の大量退職により税務署OB・試験免除の独立開業を増えてきています。昔と比較すると税理士でも顧客を得て経営を維持するのは困難になっていくことが予想されます。アイデアや営業努力が成功のカギになる!

 

今までの仕事のキャリアを活かせる職場である

 

国税庁・税務署勤務でキャリアを積んできた公務員にとって税理士の仕事は自分の経験を活かせるステージであるのは確かです。実際に税理士と関わる機会がある職員もいると思います。

 

免除の条件を満たす前に自らの力で勉強して、合格を目指すのも1つの選択としてありだと思います。

 

また、知識を得ることができるなどメリットを考えると、個人的には自力で合格した税務署OBの方が成功する気がしますね。

 

人気ページ:税理士予備校比較・通信講座ランキング