公務員の休暇と研修制度

MENU

公務員の休暇や研修制度は充実している?

公務員の休暇制度・研修内容について紹介します。

 

勤務時間はどうなっているのか

 

仕事を決める中で重きを置くのは労働環境ではないでしょうか?国家公務員・地方公務員共に基本的には週休2日制を導入しています。

 

勤務時間は自治体によって異なりますが、おおむね1日当たり7時間45分~8時間程度になります。また自宅から勤務地が遠かったり、その他理由があれば申請して許可をもらうことで、勤務時間をずらしてもらえる制度を導入にしている自治体が多くなっています。

 

公務員は年休フル消化って本当

 

世間のイメージで「公務員は年休を全て消化できる」と思っている方は多いようです。確かに現実で年休を全て消化する職員の方もいらっしゃいます。しかし、逆に1日も年休を取らずに働いている方もいるようです。

 

年休の消化は勤務先と忙しさなどで公務員でも多少差が出てくるようです。確かに公務員は比較的お休みをもらいやすい環境が整っていますが、全ての職員が年休を満喫している訳ではないのです。

 

公務員の休暇の主な種類

 

主に年次休暇、特別休暇、療養休暇に分かれます。特別休暇の中に夏季休暇、ボランティア休暇、出産、忌引、などを入れている自治体が多いようです。

 

その他女性が安心して働ける環境を維持するための育児休暇は最近では男性も取得する方が増えているようです。また両親・配偶者など介護休業など休暇制度が充実しています。

 

キャリアアップ支援(研修制度)

 

公務員は地方・国家問わず1人ひとりの能力開発に力を入れています。自治体によって簿記・情報処理などの研修を受講するができ、最近では地方公務員でも幅広い視点で業務を遂行するために民間企業研修・海外勤務研修を取り入れている自治体が増えて忌諱ます。