公務員の中小企業診断士資格免除

MENU

公務員と中小企業診断士の資格免除の関係性について紹介していきます。

 

ちなみに公務員と中小企業診断士の兼業・副業は基本的に禁止されていますので、気を付けましょう!

 

近年、公務員の給料は削減傾向にあり、生活に苦しい方の中には中小企業診断士と兼業で副業することを考える人もいるみたいですが、処分を受ける可能性があります。

 

中小企業診断士は難関のコンサルタント資格

 

診断士の資格が無ければコンサルタント業務が出来ない訳ではありませんが【独占業務なし】、信頼の証として人気のある資格であることは間違えないでしょう。実際に顧客からすると名札に「中小企業診断士」と掲載されている方が信頼できるはずです。

 

そんな資格ですが、実は超難関資格の1つに数えられています。試験についても3次試験まであるなど並の努力ではなかなか合格するのが難しいのが現状です。財務・労務・経営コンサルティング業務を従事している方であれば取得するメリットは大きく、転職・就職にも強い独立開業可能な資格です。

 

そんな難易度の高い中小企業診断士の資格を公務員なら取得できる?と噂があるので真相を確かめてみました。

 

インターネットの口コミを検証してみましたが、信憑性のある情報を得ることはできませんでした

 

口コミでは何やら公務員には別ルートがあり、一定の研修を受けることで免除を受けることができるようですが、真相は不明です。インターネットで検索しても出てこないところを見るとあまり知られていない事実なのかもしれません。

 

行政書士や税理士などの公務員免除に関する情報は結構多くありますが、中小企業診断士については情報が少ないのが特徴的です。信憑性の高い情報を手に入れ次第当ページを更新していきたいと思います。

 

中小企業診断士の資格取得を目当てに公務員になるのは避けた方がいいでしょう。

 

おすすめ記事:中小企業診断士通信講座・予備校比較