税務職員のおすすめ予備校

MENU

税務職員のおすすめ予備校スクール

高卒程度試験の税務職員試験に合格すると、全寮制の税務大学に入学して仕事に職務に必要な税法・簿記、その他法学・商法を勉強します。また、この期間共に過ごす仲間と協力し合うことで協調性・コミュニケーション能力を養うことができます。一生の友人になる方と出会う可能性もありますので、寮生活での出会いを大切にしましょう。無事卒業すると国税庁職員として税務署で働くことになります。しかし、すぐに一人前にすることはできず、専門的知識を養う研修制度が設けられています。税務職員採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

税務職員ってどんな仕事

 

基本的に税務署勤務になります。仕事の内容は大きく分けると個人課税部、資産課税部、法人課税部、管理運営部、聴収部、酒税部などになります。法律は改正する可能性があるので、勉強熱心の方向いている職場だと思います。

 

受験資格
*下記の内容は平成24年度実施の内容です。

 

高校・中学を卒業してから3年を経過していない者。試験年度3月までに卒業見込みであること。その他一定の条件を満たす者。

 

試験日程

 

申し込み受付:6月下旬~7月上旬

 

一次試験:9月上旬

 

二次試験:10月中旬~下旬

 

最終合格発表:11月下旬

 

試験内容

 

1次内容:基礎能力試験、適性試験、作文試験

 

2次内容:個別面接、身体検査

 

試験倍率・難易度

 

*関東甲信越地区

 

受験者数:2409名

 

最終合格者数:190名

 

競争率:約12.7倍

 

難易度:やさしい

 

初任給

 

高卒程度:調査中

 

税務職員対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

大原法律専門学校