労働基準監督署のおすすめ予備校

MENU

労働基準監督官のおすすめ予備校スクール

2013年の秋の日本テレビドラマ「ダンダリン労働基準監督官」によって今まであまり知らなかった人もその存在・役割を知ることになります。試験区分は法文系のA・理工系のBに分かれ、見事合格して採用されると全国各地に設置されている労働局、労働基準監督署に配属されます。労働基準監督官採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

労働基準監督署ってどんな仕事

 

労働基準監督官の仕事を一言で簡単に説明すると、国民が安心できる労働環境を作ることです。職場の安全の確認、労働条件の調査、民間企業の監督・指導、また違法性があれば司法警察事務の業務を遂行することもあります。
受験資格
*下記の内容は平成24年度実施の内容です。

 

年齢制限:21歳以上30歳未満(一部例外あり)

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬

 

一次試験:6月上旬

 

二次試験:7月中旬

 

最終合格発表:8月下旬

 

試験内容

 

1次内容:基礎能力、専門試験(択一式・記述式)

 

2次内容:身体検査・測定、個別面接

 

試験倍率・難易度

 

*労働基準監督官A(法文)

 

受験者数:4,028名

 

最終合格者数:70名

 

競争率:約57.5倍

 

難易度:難しい

 

初任給

 

東京23区内勤務:約205,202円(見込)、その他諸手当

 

労働基準監督官対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

資料を集めて比較

 

資格の学校TAC、★東京アカデミーLEC東京リーガルマインド大原法律専門学校

 

★=当サイト一押しの労働基準監督官予備校