航空管制官のおすすめ予備校

MENU

航空管制官のおすすめ予備校スクール

空の安心・安全のために日々働く航空管制官について紹介していきます。難関と呼ばれる試験に合格して採用されると、まずは基礎・専門知識を学ぶために航空保安大学校(約1年間)に入校します。その後に一定の技術的試験に合格することで一人前の職員として空港などに配属されることになります。試験の特徴としては英語の高い能力を求められることです。苦手な方は事前に英語を攻略しておきたいところです。航空管制官の採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

航空管制官ってどんな仕事

 

日常生活において陸の交通道路で事故は残念がら毎日のように起きています。では空はどうでしょう?飛行機同士が衝突すれば大ニュースになっているはずですが、あまり聞いたことがありません。実は航空管制官はそういった航空機同士のぶつかりを避けるために誘導したり、助言・指示を出しているのです。緊張感のある職場ですので、プレッシャーに耐えられる強い精神力を持っている方におすすめです。

 

受験資格
*下記の内容は平成24年度実施の内容です。

 

年齢制限:21歳以上30歳未満(一部例外あり)

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬

 

一次試験:6月上旬

 

二次試験:7月上旬

 

最終合格発表:8月下旬

 

試験内容

 

1次内容:基礎能力、適性試験、外国語

 

2次内容:外国語(ヒアリング)、個別面接、身体検査・測定

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:1,275名

 

最終合格者数:70名

 

競争率:約18.2倍

 

難易度:難しい

 

初任給

 

約182,532円(見込)

 

航空管制官対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

過去に資格の学校TACで合格者が出ています。