国税専門官のおすすめ予備校

MENU

国税専門官のおすすめ予備校スクール

TBS大人気ドラマ「半沢直樹」で話題になった国税専門官は今後人気が上昇するのでは?と予想されます。経済・会計学など専門的な知識を活かせる職場でもありますので、キャリアアップしやすい労働環境にあると言えます。

 

一見すれば強面のように思われている職業でメディアではちょっと”嫌の奴”のような表現をされているケースも多いのですが、それはあくまでテレビ的に面白くするためであり、実際にはガッチガチで攻めるような職員は少ないと言われています。割合で言えば話を分かる人も結構多いと言うのが税理士や会社経営者の意見になりますね。

 

また、個人事業主と距離の近い存在でもありますので、これまでにお世話になった商売人は多いのではないでしょうか?サラリーマン・OL、さらに言えば地方公務員や国家公務員の国税庁とは関連しない省庁に勤めている方ですとあまり身近ではないという意見もありますけどね。年収・給料など職業事情について気になる方もいると思いますが、実は結構手当などで普通の行政職の公務員と比べると給与水準が高い傾向ありますので、始めの頃はお得感を得ている方もいるみたいですが、実際には微差になります。

 

また、結構仕事内容については部署によってはハードでいろいろ大変だという体験談などもありますので、口コミ・評判や2ch(2ちゃんねる)の情報については耳を澄ましておくことを推奨します。

 

今回はおすすめ国税専門官予備校を比較して評判・口コミ評価が個人的に優れていると思われる通学ランキングで上位に入るであろうと思われている実績の高いスクール・塾に厳選していますので、迷っている方にとっては非常に参考になると思います。国税専門官予備校費用のランキング等についても気になるところではありますが、安い・格安の学費・費用・価格等より、やはり自分の求める教材・テキストをはじめ学習カリキュラムである点が非常に大切になります。

 

実際にスクール選びで失敗する人のほとんどは大手・有名のキワードでセレクトしてる人です。自分に合った塾は本当に人それぞれですのでオリジナルな視点を持つことが非常に大事になってきますので、上手の成功したい・合格したいと考えているのであれば大原、TAC、東京アカデミー、さらには講師陣の評価に優れているLEC東京リーガルマインド、新しい画期的な非常識な勉強法が話題になっているクレアールなど幅広い国税専門官予備校を比較することが大切です。どれくらいの専門学校を視野に入れるべきか?という意見もありますが、個人的には最低でも5社以上はいろいろとコースの内容や合格実績・合格率などについてリサーチしておくことをおすすめします。

 

国税専門官試験の対策講座・コースを設置している予備校は複数あり、受験生の多くが塾に通ったり・通学講座を受講していることが伺えます。国税専門官採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

国税専門官ってどんな仕事?

 

国税専門官の仕事は大きく3つに分けると国税調査官、国税徴収官、そしてドラマ「半沢直樹」で注目された国税査察です。仕事の内容は特定の分野の専門知識を使うスペシャリストになります。税金の督促・滞納の確認、税金関係の指導、時には脱税の調査などをすることもあります。非常にやりがいのある専門職ですので、当サイトおすすめ公務員の1つです!

 

国税専門官採用試験の概要

 

受験資格
*下記の内容は平成24年度実施の内容です。

 

21歳以上30歳未満(一部例外あり)

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬

 

一次試験:6月上旬

 

二次試験:7月中旬~下旬

 

最終合格発表:8月下旬

 

試験内容

 

1次内容:基礎能力試験、専門試験(択一式・記述式)

 

2次内容:身体検査、個別面接

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:19,074名

 

最終合格者数:1,662名

 

競争率:約11.5倍

 

難易度:普通

 

初任給

 

東23区内勤務:約233,050円(見込)

 

国税専門官対策講座の予備校おすすめランキング

 

まずは資料を集めて比較