公務員試験予備校 選び方

MENU

公務員スクール・予備校の選び方・決め方

公務員試験合格に重要なポイントの1つになっている公務員予備校・スクール・専門学校の選び方・決め方について紹介します。

 

公務員試験合格を目指すために、受験生にとって欠かせない存在になってきている、対策予備校・スクール講座は現在、日本に数多くの存在します。

 

どうやって選べばいいのか?悩んだり、戸惑ってしまう方も多いはずです。予備校を選ぶポイントを解説しますので、参考にしてみてください。

 

自分の予算を確認する

 

公務員講座と言っても、サポートの充実度は様々です。基本的にサポート体制の充実している予備校は費用が高い傾向があります。

 

費用の値幅で考えると、5万円程度~200万円程度まで結構広いので、まずは自分がいくら将来の就職先のために投資できるのかを考えることです。

 

学習レベルに合わせた講座を選ぶ

 

高卒程度の公務員試験の場合は、それほど学習レベルに合わせた講座を用意している学校はありませんが、大卒レベルの試験になってくると、難易度が高くなり、公務員試験を目指す受験生の初期のレベルも結構変わってきます。例えば、一度公務員試験の受験勉強経験があるのに、基礎的な内容の講座を受講しても、効果は薄いでしょう。

 

現在の自分のレベルはどの程度なのか?確認することをおすすめします。レベルの目安をはかるために模擬・模試試験を利用することをおすすめします。予備校によって模試試験の費用や判定内容が異なりますので、資料を集めて比較するといいでしょう。

 

通学・通信どれにする

 

通学のメリットは直接の生講義を聴けることで、デメリットは通信講座に比べて費用が高い傾向があることです。

 

一方通信のメリットは費用の割に効率的な学習を進めることができることで、デメリットはその場で質問をすることができないことです。

 

通学講座に向いている人は、仕事やアルバイトなどをしていない人で、公務員試験だけに集中したいと言う方です。

 

通信講座に向いている人は、民間と公務員で悩んでいる人や、働きながら公務員試験を目指すサラリーマン・OLなどです。

 

単純に、時間がタップリあるなら通学教室で、1日の中で勉強する時間が限られている人は通信講座がおすすめです。

 

大学生で複数の予備校を利用して合格しているケースもある

 

昔からの固定観念で、予備校は1校に絞るべきという認識を持っている人がいますが、そうとは限りません。

 

実は最近では公務員予備校・スクールを2~3校掛け持ちして難関試験に合格している受験生も増えているようです。

 

例えばTACでは単科講座があります。単科講座とは苦手な科目に限定して講座を受講できるモノです。

 

例えば専門試験の民法が苦手であれば、民法限定で講座を受講して補強することができます。1科目ですので、安い料金で利用することができるのが魅力です。

 

さらに、あまり知られていませんが、公務員面接の専門講座もありますので、メイン予備校+サブ予備校(数科目)+面接のみ講座のパターンはおすすめです。

 

筆記試験以外のサポート体制に注目

 

メインにする予備校を選ぶ中で注意が必要なのは筆記試験以外の面接、論文・作文などのサポート体制です。

 

自分が受ける試験によっては教養試験だけではなく、専門試験も出題されます。教養試験のみの対策講座で専門試験対策がおろそかになり、万全の状態で試験に臨むことが難しくなるでしょう。

 

結構ホームページには大雑把に講座内容を記載している予備校が多いので、細かい講座内容や最新情報を調べるために、できるだけ多くの学校の資料を集めて比較することをおすすめします。

公務員予備校の選び方記事一覧

公務員予備校の資料・パンフレットを集めるメリットは下記の通りです。予備校の公式HPで掲載されていない講座・コースの詳細内容・最新情報を得ることができる。お得な嬉しい公務員試験の情報が手に入ることがある。複数の学校を資料・パンフレットにより比較することで講座選びに成功しやすい。高校生・大学生・社会人に非常に人気のある予備校を厳選して集めました。各試験のおすすめ予備校は・・・高卒程度(地方初級・国家一...

TAC、LEC、大原、eyeの公務員講座を比較してみました。公務員予備校選びに悩んでいる人が素早く決断を下せるようにランキングを作成しましたので、ご参考にしてください。また、TAC、LEC、大原、eyeはいずれも評判・口コミ評価・合格実績の高い予備校でおすすめできます。是非、4つの公務員スクールを比較してみてください。学校名TACLECeye大原地方初級・国家一般職×〇×◎高卒警察官・消防士×〇×...

東京アカデミー・TAC・LEC公務員予備校を徹底比較。評判・口コミ評価は?合格実績は?講師陣のレベルは?TAC・LEC・東京アカデミーと言えば公務員スクールでは知名度の高い3社です。3社の公務員予備校でどこを受講するべきか悩んでいるのであれば、まずはTAC・LEC・東京アカデミーの3つの学校に資料請求してみてください。資料を集めて比較することで、自分に合った公務員予備校が見つかりやすくなります。下...

大原法律専門学校と東京アカデミーで公務員試験対策のスクール選びに迷っている方は結構多いようです。今回は、気になる大原と東京アカデミーの違いを比較していきたいと思います。なお、下記の内容は独自の調査・分析の結果ですので、参考に留めることをおすすめします。最終的には資料請求して、自分の目で比較して決めるのがベストだと言えます。大原・東京アカデミー共に公務員・警察官・消防士試験対策では人気で評判・口コミ...

国家公務員総合職(旧国家Ⅰ種試験)対策の予備校選びでWセミナー(TACのブランド)、LEC、伊藤塾で迷う方は多いようです。今回は国家公務員総合職試験対策として評判・口コミ評価の高いWセミナー・LEC・伊藤塾を合格実績・講座内容などの観点から徹底的に比較してみました。どれでもおすすめできる国家総合職コースですが、迷っている方は是非参考にしてみてください。なお、WセミナーとはTACの1つのブランドのこ...

今日は公務員試験予備校選びに肝心な項目の1つとなる地方公務員試験・国家公務員試験の合格率・合格実績・合格者数を知る方法について紹介します。高い合格率・合格実績を持つ公務員受験予備校は魅力的で、合格するためのノウハウを持っています。過去の実績を基準にして選ぶのは合理的な方法の1つなのです。さて、地方公務員(地方上級・地方中級・地方初級)・国家公務員(一般職・総合職)予備校の合格実績を知る方法について...

このページでは公務員試験予備校の大手について着眼点を置いて紹介していきます。大手公務員試験受験予備校のメリット・デメリットを知りたいという方は必見です。有名・大手公務員予備校のメリット・魅力について大手公務員試験予備校は知名度の高いことから、地方公務員試験・国家公務員試験を受験する方に選ばれやすい傾向があります。一般的に公務員試験予備校を選ぶ基準の1つに誰でもが知る有名な受験対策予備校を挙げる方が...

評判・口コミ評価の高い人気公務員予備校ランキングを紹介します。今回、ランキング対象にした公務員予備校は全国各地にあるスクール・専門学校です。長期に渡るの調査・分析の結果に基づいて人気ランキングを作成したので、是非これから公務員を目指す方は参考にしていただければと思います。TAC公務員予備校言わずと知れた大卒程度の公務員試験対策に強い予備校です。大学生であればダブルスクール、社会人であれば夜間対策と...

公務員試験(警察官・消防士含む)の対策として個別・少人数制の予備校を探している方は多いと思います。確かに大勢で授業を受けるより、講師の方に質問しやすいし、勉強の効率アップを望むことができるでしょう。今回は独自の調査・分析により比較的、授業・公務員対策を少人数又は個別で実施している予備校をおすすめ順に紹介します。(評判・口コミ評価の高い予備校3社)東京アカデミー評判通学講座に強い公務員予備校と言えば...

教養試験・専門試験は万全だけど、面接に不安がある。しかし、面接講座のみを扱っている公務員予備校が見つからない・・・そんな方も多いのではないでしょうか?筆記試験・論作文試験には自信があるので、面接サポートのためだけに高いお金を払ってフルコースの講座を活用するのはバカバカしいですよね?今回は比較的、低価格で公務員試験面接のみの講座を扱っている予備校・商材・教材について紹介していきます。TAC公務員試験...

TAC・大原・LEC東京リーガルマインド・東京アカデミーの公務員夜間講座を比較してみました!忙しい社会人・大学生・高校生で夜間のある公務員予備校・専門学校を探している方は多いはずです。今回は夜間コース・夜間対応をしている、評判・口コミ評価の高い公務員・警察官・消防士の予備校・スクール厳選して紹介していきます。おすすめランキング順の掲載になります。夜間予備校選びの参考にしてください。*なお、掲載する...

このページは地方公務員試験や国家公務員試験対策の予備校はいつから通うのがベスト?という疑問を解いていくコンテンツです。学歴・試験区分によって公務員予備校をいつから利用べきかは変わってくる!公務員試験にはいろいろな種類の選考区分や職種があるので、それによって大きくいつから公務員予備校に通えば間に合うかが変わってきます。例えば高卒程度の公務員試験対策と大卒程度の公務員試験対策であれば、一般的に大卒程度...

公務員試験対策予備校(スクール・塾)・専門学校の入学時期と入会金・入学金について紹介するページです。公務員予備校と公務員専門学校で入学時期が異なります。一般的に公務員予備校は入会時期が決めっていないので、随時募集している学校が多いのが特徴的です。(予備校によって入会時期を年間数回に分けて決めているケースもあります。)公務員専門学校の場合は進学ということになりますので、入試試験を受けて合格することで...

短期で公務員試験合格を目指せる公務員予備校・通信講座を紹介しているページです。公務員試験まで時間が無い・短期公務員試験対策を知りたい方は必見です。短期コースの公務員試験予備校(塾・スクール)とは?2年間フルコース、1年間フルコースなど一般的な公務員試験合格講座の場合、ある程度的を絞った勉強スタイルになっていますが、短期講座・短期コースの公務員予備校ではそれよりさらに勉強する箇所を凝縮して重要ポイン...

社会人や忙しい学生、さらには都合によって平日授業を受けに公務員予備校に通うのが難しい方も多いはずです。今回、紹介するのは土日・週末に授業や指導を受けることができる公務員予備校です。土日・週末など仕事の休日に通って公務員試験対策が出来れば、平日夜遅くに勉強するより集中力を保ちやすく、効率的なのではないかと思います。学生のダブルスクールでも平日は本業の学生生活とアルバイトで、土日・週末は公務員試験受験...

公務員試験予備校(通信講座・通学教室)を利用しても残念ながら不合格・失敗してしまうケースもあるでしょう。全員が合格できる試験ではないので当然のことです。難易度の高い公務員試験の場合、30倍以上の倍率になることも決して珍しいことではありません。30人中29人は公務員試験に不合格(落ちる)・失敗するのことになるでしょう。公務員試験予備校を活用して失敗・不合格に終わってしまった場合、大切なのは落ちた理由...

公務員試験予備校(通学講座・通学教室)の開講時間帯をまとめてみました。なお、時間割については各公務員予備校の公式ホームページ又は資料請求で確認してください。今回はTAC、大原、東京アカデミー、資格スクール大栄、アビバの5つの公務員予備校の時間帯について調べてみましたので、是非予備校選びの参考にしてください。なお、開講時間帯・時間割は変更する可能性がありますので、各予備校・スクールの公式HPで最新情...

半年以内(6ヶ月以内)で合格するための公務員予備校を紹介します。試験本番まで残り半年しかないと諦めている方はいませんか?6ヶ月間も勉強する期間があれば試験区分によっては十分合格を狙えますし、難関公務員試験であっても内定を勝ち取るチャンスは十分にありますので、できる限りのことはするべきです。但し、勉強期間が残り6ヶ月、5ヶ月、4ヶ月、3ヶ月、2ヶ月、1ヶ月と限られている方が独学で公務員試験の勉強をす...

動画か紙媒体か?次世代の公務員試験対策とは!?第一章の課題は動画か紙媒体【テキスト・参考書・問題集等】についてですが、結論から言えば動画も必要だし、紙媒体で公務員試験勉強するのも一般的な方法だと思います。しかし、できればスマートフォン【iPhone等】やタブレット【iPad等】を持っているのであればテキスト・参考書を電子書籍化するべきだと私は思います。理由は簡単です。紙媒体で持つことに比べて嵩張ら...