公務員試験対策予備校 失敗・不合格

MENU

公務員試験予備校を利用して不合格・失敗した場合の対策

公務員試験予備校(通信講座・通学教室)を利用しても残念ながら不合格・失敗してしまうケースもあるでしょう。全員が合格できる試験ではないので当然のことです。

 

難易度の高い公務員試験の場合、30倍以上の倍率になることも決して珍しいことではありません。30人中29人は公務員試験に不合格(落ちる)・失敗するのことになるでしょう。

 

公務員試験予備校を活用して失敗・不合格に終わってしまった場合、大切なのは落ちた理由をしっかり自己分析できるかどうかです。

 

なぜ、自分は公務員試験に合格できなかったのか?その理由を明確にしなければ、今後の試験対策をどうすれば良いか判断するのは難しいはずです。

 

公務員試験予備校を変えるのも1つの手

 

通学の公務員予備校や公務員通信講座(通信教育)を利用して不合格・失敗してしまった場合の対策において、予備校をチェンジした方が良い場合と継続した方が良いパターンがあります。

 

公務員予備校を変えた方が良いケースをまとめてみましたので、参考にしてください。

 

①費用に比べて授業で利用するテキスト又は通信講座の教材のレベル低いと感じる
②面接対策に疑問や不安を感じる
③授業の内容が分かりにくい。質問しにくい。
④家から予備校まで片道30分以上距離がある。
⑤自分の第一志望の公務員試験において過去の合格実績がゼロ
⑥講師や担任が信頼できない

 

上記の6つの内1つでも当てはまるようであえば、公務員予備校を変更することで効率アップが期待できます。自分にとって最適な環境で勉強することが理想です。公務員試験対策予備校・通信講座は多数ありますので、1つの学校に拘る必要は全くありません。不合格・失敗に終わってしまった場合は積極的に予備校をチェンジして行きましょう。

 

予備校を変更する時に大切なのは資料・パンフレット

 

予備校選びに一度失敗してしまった人が同じ過ちを繰り返さないためにも2度目の公務員スクール選びは慎重になるべきです。

 

まずは下記の公務員の学校公式HPから資料請求で情報収集することをおすすめします。