公務員試験対策予備校いつから・期間

MENU

公務員試験対策予備校はいつから通えば間に合う?

このページは地方公務員試験や国家公務員試験対策の予備校はいつから通うのがベスト?という疑問を解いていくコンテンツです。

 

学歴・試験区分によって公務員予備校をいつから利用べきかは変わってくる!

 

公務員試験にはいろいろな種類の選考区分や職種があるので、それによって大きくいつから公務員予備校に通えば間に合うかが変わってきます。

 

例えば高卒程度の公務員試験対策と大卒程度の公務員試験対策であれば、一般的に大卒程度の方が難易度が高いので、予備校に通う期間が長い傾向があります。

 

また、同じ大卒程度の公務員試験でも、例えば国家公務員総合職試験と地方の警察官・消防士試験では圧倒的に国家総合職試験の対策の方が時間が掛かるのは一目瞭然です。

 

予備校の公式ページに掲載されている勉強期間の目安を見る!

 

同じ試験であっても予備校によって学習のカリキュラムの期間が異なります。例えば大卒公務員試験対策に強い資格のTACでは現役合格を狙うための講座として大学2年生、大学3年生、大学4年生向けのコースがありますので、大学2年生~大学4年生の初めまでであれば十分間に合う可能性があるということが分かります。*TAC地方上級・国家一般職コース(この講座で県庁・政令都市・市役所はもちろん、東京都Ⅰ類B、特別区Ⅰ類、財務専門官、裁判所一般職、衆議院事務局一般職・総合職、国立大学法人などを目指すことができます。また、TACと比較されることが多いLEC東京リーガルマインドについても大卒程度は2年生~4年生向けの講座が中心になっています。また高卒程度の場合は1年程度で学習カリキュラムを作成している公務員試験対策予備校が多くなってきます。

 

カリキュラムの期間に合わせて予備校は講座を作成しているので、その期間に準する時期から予備校を利用するのが望ましいと言えます。

 

代表的な公務員試験対策の予備校期間について

 

高校生、短大生、大学生、社会人などいろいろな人が公務員試験にチャレンジしますが、予備校にいつから通えばいいか?迷っている方に代表的な公務員試験対策の期間の目安を紹介しているページです。

 

公務員試験合格までの期間・勉強時間

 

公務員試験予備校いつから?という前に出来るだけ早い段階で予備校を利用しよう!

 

公務員試験予備校に通う時期はできるだけ早い方が望ましいです。大学生で考えると大学1年生から予備校を利用して公務員試験対策をした学生と大学4年生の本番直前で予備校・通信講座を利用した人では大学2年生から公務員受験予備校で勉強した方の方が合格しやすいのは一目瞭然です。

 

公務員になりたいと決めた時が予備校に通う時期としてベストだと思います。さっそく、行動あるのみ!まずは情報収集のために公務員の学校HP一覧から資料請求してみよう!