動画で公務員試験対策

MENU
動画か紙媒体か?次世代の公務員試験対策とは!?

 

第一章の課題は動画か紙媒体【テキスト・参考書・問題集等】についてですが、結論から言えば動画も必要だし、紙媒体で公務員試験勉強するのも一般的な方法だと思います。

 

しかし、できればスマートフォン【iPhone等】やタブレット【iPad等】を持っているのであればテキスト・参考書を電子書籍化するべきだと私は思います。

 

理由は簡単です。紙媒体で持つことに比べて嵩張らないので、より多くの公務員試験の勉強教材を持ち歩くことができます。さらに言えば公務員になった時のことを考えれば、今後地方自治体も国の省庁も仕事のIT化がかなりのスピードで進んでいくことが予想されます。こうした時代の流れを考えると勉強手法として動画や電子書籍を利用するのは理想的と言えるのではないでしょうか?

 

次世代の公務員試験対策・予備校は今後益々動画や電子書籍などに力を入れてくるはずですので、効率性を考えると紙媒体で勉強している人も、当サイト「公務員予備校評判・比較」を見て動画や電子書籍に切り替える良いキッカケになればと思います。

 

動画の公務員予備校の魅力・メリットについてまとめ

 

公務員試験対策の講座がある大手資格スクールであるTAC【セミナー・講義を視聴できる公務員動画チャンネルがサイト内にありますので、気になる方はご覧下さい。】など一部の学校では既に動画や音声DL・DVDなどの通信教材に力を入れています。TACの他にもLEC東京リーガルマインド、資格の大原、クレアールなども動画の公務員試験対策に強い予備校として有名ですね。

 

中には集団討論【グループディスカッション】、人物試験【個別面接・集団面接】対策なども動画して学習の効率化を図っている予備校がありますので、現状は紙媒体のテキスト・参考書が教材のメインになっている学校でも今後は動画に切り替えてくる可能性は十分あると思います。

 

では、なぜ動画での勉強が魅力的なのか?メリットについていろいろと考えてみました。

  1. どこでも勉強できる
  2. 公務員通学講座のように通う時間を削減できる
  3. 巻き戻し・早送りで効率的
  4. 何度でも授業を見ることができる
  5. 費用・学費が安い

 

上記の公務員試験動画メリットを見れば分かりますが、従来の通常の学習方法と比較して理解を深めやすいし、スピーディーに対策することができる点で既に学生から支持を受けている傾向があります。

 

大学生に人気があるようですが、現役高校生で公務員動画を見て対策・勉強を進めている学生も増えてきています。ITに鈍感な方でも試してみる価値は十分あるはずです。