大原・東京アカデミー公務員の違いを比較

MENU

大原と東京アカデミー公務員試験に強いはどっち?スクール比較

大原法律専門学校と東京アカデミーで公務員試験対策のスクール選びに迷っている方は結構多いようです。

 

今回は、気になる大原と東京アカデミーの違いを比較していきたいと思います。なお、下記の内容は独自の調査・分析の結果ですので、参考に留めることをおすすめします。最終的には資料請求して、自分の目で比較して決めるのがベストだと言えます。

 

大原・東京アカデミー共に公務員・警察官・消防士試験対策では人気で評判・口コミ評価・合格実績・合格率も高い学校ですので、2つの学校に的を絞るのは良い選択だと言えます。

 

公式HP 東京アカデミー 大原法律専門学校

 

 

大きな違い

東京アカデミーは予備校ですので、入学・卒業というより入会・退会のニュアンスになります。公務員試験対策の””と考えると分かりやすいと思います。

大原学園は入学するために一定の試験があり、”専門学校”です。”進学”と捉えていただけると分かりやすいはずです。

 

 

 

 

公務員試験へ集中度

東京アカデミーでメインに扱っている講座は公務員・教員・看護の3つです。公務員試験対策にはその中でも特に力を入れている印象があります。「絶対に公務員試験に合格したい」、「公務員試験の勉強に集中したい」と思っている方におすすめです。合格するために必要な試験対策しか実施していないので無駄が一切ありません。

大原学園は公務員試験以外にも簿記、税理士、公認会計士、行政書士、宅建、情報処理技術者など様々な講座を開設しています。公務員専門の学校とは言えないでしょう。行事等も多彩で、「学生生活を楽しみながら公務員を目指したい」と思っている方におすすめです。公務員試験対策とは関係ないことも結構あります。

合格しやすいのは?

本人の努力次第。面接試験での有利・不利は一切ないので安心してください。

本人の努力次第。面接試験での有利・不利は一切ないので安心してください。

効率性・講義レベル

面接対策・論作文の添削

民間企業への就職

×

万が一公務員試験不合格・失敗しても民間企業への就職を目指せる

学費・授業料の目安

約50万円

約100~200万円

 

専門卒認定

 

×

公務員に採用後は高卒者に比べて給与が若干高くなります。(*就職先によって一概には言えない)

 

 

 

 

 

 

 

主な校舎一覧

北海道地区
旭川、札幌、函館
東北地区
青森、秋田、仙台
関東地区
大宮、津田沼、東京、お茶の水、立川、池袋、町田、横浜
中部・東海地区
静岡、名古屋、金沢、新潟
関西地区
京都、大阪、難波、神戸
中国・四国地区
岡山、広島、高松、松山
九州地区
福岡、北九州、長崎、大分、熊本、鹿児島

北海道地区
札幌、函館
東北地区
仙台
関東地区
東京水道橋、早稲田、新宿、横浜、千葉・・・他多数(詳しくは公式ホームページで確認!)
中部・東海地区
名古屋、新潟、福井、静岡、岐阜・・・他多数
関西地区
大阪、難波、梅田、神戸、京都、和歌山
四国・九州地区
愛媛、福岡、小倉、宮崎、大分(開校予定)、沖縄

*上記の内容は最新情報を保つために更新していますが、一部内容に誤り・古い可能性があります。必ず公式ホームページで資料請求等により、詳細内容を確認して申し込みを行ってください。なお、費用・授業の比較については講座内容・期間によって異なりますので、各自ご確認ください。

 

以上「東京アカデミー・大原の違いを比較」でした!