公務員試験専門学校と大学ダブルスクール

MENU

公務員試験対策の専門学校と大学ダブルスクール おすすめ

現役大学生・高校生で地方上級・初級公務員や国家公務員一般職(大卒・高卒程度)・国家公務員総合職(大卒・院卒程度)など公務員試験を受験する方向けの公務員専門学校を紹介していきます。公務員試験ダブルスクールという形式で勉強を進めることになる訳ですから、できるだけ大学・高校生活と両立させやすい公務員専門学校を選ぶことが望ましいでしょう。

 

公務員試験ダブルスクールを選ぶコツ!成功確率を上げる秘訣とは?

 

大学・高校と公務員専門学校・予備校のダブルスクールで効率的に学習を進めるためには自分にピッタリな学校を選ぶことは非常に大切です。「皆が行っているから」、「合格実績が高いから」、「大手で有名・人気だから」で決めてしまうのは正直言って危険です。大手で合格実績が高くても、あなたに合った学習カリキュラムを提供してくれるかどうかは分かりません。事実、大手公務員専門学校のダブルスクールに通っても不合格になる方は大勢います。まず、公務員試験受験対策で利用するスクールを決める前にやっておきたいのは各公務員専門学校の資料を集めて比較するということです。

 

公務員専門学校に資料請求するメリットとは?

 

公務員試験ダブルスクールの学校を決める上で欠かせないと言っていいのが資料請求です。複数の公務員スクールの資料を集めるメリット(利点)は下記の通りです。

 

①公式ホームページには掲載されていない公務員講座の重要事項の記載・詳細内容やお得な試験情報が手に入る。

 

②実際に公務員講座で利用されているサンプルのテキスト・DVDが送られてくる。

 

③比較対象が多ければそれだけ、各予備校のメリット・デメリットが明確になる

 

*公務員スクールによって資料(パンフレット)の中身は異なりますので、上記とは多少異なる場合があります。

 

公務員試験ダブルスクール比較!おすすめの学校を厳選紹介!

 

複数の公務員スクールを比較すると言っても、数が多すぎて一般の方では的を絞るのが難しいと思います。そこで、当サイトでは公務員受験対策の予備校を調査・分析しました。「この学校は一度見ておいてもらいたい!」とおすすめできる、評判・口コミ評価の高いスクールに厳選して紹介しているので、比較して選びやすいと思います。

 

予備校 TAC

Wセミナー

東京アカデミー アビバの公務員講座 大栄 公務員【資格の大原】

大卒程度

高卒程度

×

学校数

多い

普通

特に多い

多い

多い

地方上級

警察・消防

技術・理系

×

×

国家総合

(Wセミナー)

×

×

国家一般

裁判所事

外務専門

(Wセミナー)

×

×

×

国税専門

×

財務専門

×

×

労基監督

×

×

皇宮護衛

×

×

×

×

衆議事務

×

×

×

×

参議事務

×

×

×

×

模試試験

オプション

(単科含む)

×

×

面接のみ

×

×

×

×

ランキング

*1~5段階評価

公務員試験専門学校ダブルスクール記事一覧

国家総合職(旧国家Ⅰ種)、国家一般職大卒(旧国家Ⅱ種)、国家一般職高卒(旧国家三種)の試験対策のダブルスクールについて紹介していきます。大卒程度の国家総合職・国家一般職、高卒程度の国家一般職試験の受験者でダブルスクールとして公務員専門学校・予備校を利用している方は非常に多いようです。利用者が多い理由は年々上昇する国家公務員試験の難易度にあります。近年ではリーマンショック・東日本大震災以降、不況の煽...

地方上級(1類・1種・大卒程度)、地方中級(2類・2種・短大卒程度)、地方初級(3類・3種・高卒程度)の公務員ダブルスクールについて紹介します。地方公務員試験を受験する学生において予備校・専門学校にダブルスクールで通うのは当たり前のようになってきました。公務員試験対策のスクールが増えていることも原因の1つに挙げられますが、やはり優秀な学生の志望者が増えていることで、難易度の上昇が大きいのではないか...

国家公務員の国税専門官試験のダブルスクールについて紹介します。国税専門官と言えば最近ではテレビドラマからされたり、大ヒットドラマ半沢直樹などにも出てきて知名度の高い職業になっています。当然、国税専門官になりたい方も多く、毎年多くの学生がダブルスクールで合格を狙っています。今回紹介するのは学生生活と予備校を両立させやすい国税専門官スクール(おすすめ)の紹介です。ダブルスクール向きの評判・口コミ評価の...

大学や高校と公務員試験スクールとダブルスクールで公務員受験対策する方向けのコンテンツです。近年の不況からダブルスクールの公務員専門学校・予備校の費用をアルバイトなどで自分でお金を出す学生が増えてきているようです。しかし、大手公務員スクールレベルになると1年間で30~50万の費用が掛かってしまうのが一般的です。学生ではなかなか、これだけの大金を貯金すのは難しいですね。また、大学・公務員試験スクール・...

公務員試験予備校が多い地域とは?自宅や最寄駅の近くに公務員試験学校が無い場合の対策・解決方法について考えてみるコーナーです。通える範囲に公務員学校が無いという方に熱いメッセージ・アドバイスをお届けします。公務員試験予備校が活発にあるのは主に北海道、関東地方、関西地方です。北海道は地域面積が広く、人口も比較的多い、そして民間企業より就職は公務員派という高校生・大学生も結構多いのが特徴的です。両親に進...