地方公務員人気ダブルスクール

MENU

地方上級・地方中級・地方初級公務員ダブルスクール

地方上級(1類・1種・大卒程度)、地方中級(2類・2種・短大卒程度)、地方初級(3類・3種・高卒程度)の公務員ダブルスクールについて紹介します。

 

地方公務員試験を受験する学生において予備校・専門学校にダブルスクールで通うのは当たり前のようになってきました。公務員試験対策のスクールが増えていることも原因の1つに挙げられますが、やはり優秀な学生の志望者が増えていることで、難易度の上昇が大きいのではないかと感じています。

 

地方公務員ダブルスクールは本当に必要は?

 

地方公務員はダブルスクールで対策しないと大学生・短大生・高校生現役で合格するのは難しいと言われていますが、決して不可能ではありません。実際に独学や通信講座を利用して地方公務員試験に合格している方は結構います。絶対に必要かどうかを考えれば、そうではないと言えます。

 

では独学で勉強する方がメリットが多いのか?と言われればそうではありません。公務員試験は範囲が広く、独学では的を上手に絞るのは難しい内容になっています。学習の効率性を考えれば独学よりダブルスクールや通信講座で地方公務員試験対策する方が利点は多いと考えられます。

 

独学と比較したダブルスクールの魅力・メリットとは?

 

①上記に記載している通り、重要箇所にポイントを絞った効率的な勉強ができる

 

②独学では手に入れるのが難しい試験に関する情報を得ることができる

 

③近年、公務員試験において重要視されている面接対策・集団討論(グループディスカッション)を徹底的に鍛えることができる

 

④その他、面接シート(面接カード)の書き方、論文・作文試験対策、適性検査・適性試験対策など全体的に強化することができる。

 

*上記は公務員スクールによっては実施していない場合があります。

 

地方公務員試験対策は通学か通信か?

 

大学や高校生とのダブルスクールで地方公務員試験対策をするか迷っている方に知っておいて頂きたいのが、通信講座の存在です。実は公務員試験予備校には通学タイプと通信タイプの2つの受講スタイルがあります。自宅から予備校が遠かったり、学生生活で忙しい方は通信講座・通信教育の方がメリットが大きかったりしますので、通学ダブルスクールと共に視野に入れておくことをおすすめします。

 

公務員通信講座おすすめ

 

公務員通学講座(全国版)