公務員ダブルスクール費用・価格・値段

MENU

公務員試験ダブルスクールの費用を安く抑えるコツとは?

大学や高校と公務員試験スクールとダブルスクールで公務員受験対策する方向けのコンテンツです。

 

近年の不況からダブルスクールの公務員専門学校・予備校の費用をアルバイトなどで自分でお金を出す学生が増えてきているようです。しかし、大手公務員スクールレベルになると1年間で30~50万の費用が掛かってしまうのが一般的です。学生ではなかなか、これだけの大金を貯金すのは難しいですね。また、大学・公務員試験スクール・アルバイトの3つの両立させている学生も結構多く、ハードな日常で対策をしなければいけない状態の公務員受験生も多いのが現状です。そこで今回はできるだけ値段・価格の安い公務員スクールを選ぶコツについて紹介していきたいと思います。

 

一般的に通信講座は格安!?

 

最近、学生に人気の受講スタイルが通信講座・通信教育です。通信制の公務員スクールがなぜ安いかと言うと自宅で学習するスタイルが基本になりますので、予備校は人件費がほとんど掛かりません。教材を送って、質問・添削サポートなど必要な時以外は自分で勉強することになるので、最小限の格安価格で公務員講座を受講できるシステムになっている学校が多いのです。

 

また、DVD・WEB動画・音声DL・スマートフォンなどを上手に使った勉強方法を採用している公務員スクールも多く、さらに言えばどこで・いつでも学習することできるので、通学教室に比べて効率的という意見も多く出てきています。確かに音声DLであれば通学時間やちょっとした空き時間でも音楽を聴くような感覚で勉強することができますし、DVD・WEB動画であれば自宅に居ながら生で視聴してるような迫力で講義を受けることができます。

 

必要な箇所だけ受講して節約

 

最近では本格的な講座以外で、必要な部分の補強するための単価講座やオプション講座を設けている予備校が増えてきています。例えばTACでは面接対策のみ、専門科目の憲法のみなど自分が学習したい箇所だけ受講することができます。総合パックで受講する場合に比べて必要な箇所に絞ってダブルスクールする方が費用を安く抑えることができます。

 

公務員ダブルスクールは資料を集めて比較

 

公式ホームページに公務員講座の費用(価格・値段)を提示しているスクールがほとんどですが、中にはサイト内に費用を掲載していなかったり、詳しい公務員講座の情報を掲載していない予備校も結構あります。そのため、最新情報が掲載されている資料を集めて比較することが重要になってきます。複数の学校の費用を比べることで、自分にとってコストパフォーマンスの高いスクールを見つけることができます。