受からない?公務員試験予備校の意味

MENU

公務員試験予備校に通っても受からないって本当?

公務員試験予備校に通学しても「受からない」生徒は多いと言われています。公務員予備校に通う意味や受からないと言われる理由について解説していきたいと思います。

 

倍率・競争率の急騰と公務員予備校【受からない?受かる?】

 

塾・スクール・予備校に行っても受からないよ?と口コミ・体験談投稿で見かける理由の1つとして挙げられるのは公務員試験の倍率・競争率が急騰して難易度が年々高くなっていることが挙げられます。

 

また、20年前に比べて公務員試験受験者で予備校や通信講座を利用している人が増えているのも受からないと言われている理由・原因の1つになっています。

 

例えば10倍以上倍率のある公務員試験を受験しても合格できるのは10人中1人です。つまり残りの9名は不合格ということになります。いくら勉強方法や学習効率アップのノウハウを持っている公務員試験予備校でもこれでは受からない生徒も出てきて当然です。

 

また、高校生・大学生・社会人受験生の中で公務員試験予備校を活用するのは当たり前になってきていますので、逆に独学の方が珍しがられることもあるくらいです。多くの受験生が公務員塾・スクールを利用している近年において予備校を利用することで絶大な効果を期待するべきではないのです。

 

確かに公務員予備校を利用すれば重要な部分・要点に最小限に絞って勉強を進めることができるので学習効率のアップを望めますが、それはライバルたちも同じことです。

 

受かる・受からないのカギは公務員予備校の選び方

 

予備校の利用価値を最大限引き出すためには公務員試験予備校の選び方・決め方が非常に重要になってきます。選び方によって合格【受かる】できるか不合格【受からない】かが決まってくるケースもあります。

 

なぜなら人には合う・合わないという感性が存在しますので、いくら評判・口コミ評価の高い超有名公務員試験対策の講師に教えてもらっても受からないケースはあるのです。

 

選び方のポイントになるのはサンプルテキスト・教材で判断することです。各資格の学校の公務員講座を資料請求すれば大体の学校でサンプルテキスト・教材【DVD・WEB動画】などをゲットすることができます。これらを実際に使ってみたり、講座の詳細内容を入念にチェックして比較することで自分に合った学校を見つけることができます。

 

当サイトでは公務員予備校ランキングを作成していますが、あくまで総合的な魅力でランキング順位を付けていますので、「1位だからここ!」などの決め方はしてほしくないのです。資料請求して自分の目で確かめることが予備校選びに成功するポイントです。

 

独学の注意点

 

上記を見れば分かりますが、現在において公務員試験受験生の多くは予備校・通信教育にお金を払って対策しています。独学で合格する強者も中にはいますが、効率性を考えるとおすすめできないのが現状です。もし、独学で合格を狙うのであれば予備校に通っているライバルの2倍以上は努力する気持ちで学習に励みましょう!