20代・30代の民間から公務員へ転職

MENU

20代・30代の若手民間サラリーマンの公務員転職

20代・30代と言えば社会人通念上で言えばまだまだ若手の部類ですね。これから仕事のノウハウを覚えて会社での活躍を期待されている世代だと思います。早い人だと20代後半から徐々に部下を持ちだし、30代前半~30代後半になると社内の幹部クラスに昇進できる方も中にはいるのではないかと思います。今回、当サイト「公務員予備校評判・比較」では20代・30代の若手の公務員への転職について解説していきたいと思い、このコンテンツページを作成しました。

 

20代・30代で公務員へ転職するのはどうなの?

 

民間企業から公務員へ転職するにしても、ちょっと時期が早くない?まだまだこれからなのに・・・などと思う方もいると思いますが、公務員へ転職するつもりであれば正直言えば早い方が望ましいと言えます。

 

理由は単純に公務員試験にある受験資格の問題です。公務員になるためには試験に合格して採用される必要がありますが、そもそも受験資格を満たすことができなければ、いくら熱意があっても問題外になってしまうのです。受験資格で困っている受験生のほとんどが年齢制限です。地方初級の場合は20代前半、地方上級の場合は20代後半で年齢制限を設けるケースが多く、実は30代になると受験することができない公務員採用試験は結構あります。そのため公務員へ転職する気持ちを持っているのであれば、受験資格を満たしやすい若い年代の方が望ましいのです。

 

20代・30代で年齢制限に引っかかったらどうする?

 

20代・30代で公務員へ転職するつもりでも、年齢制限をぶち当たってしまうケースがあります。その場合は公務員になるのを諦める必要があるのでしょうか?

 

諦める必要は一切ないでしょう。実は自治体によっては社会人枠を設けているケースがありますので、その場合は比較的高い年齢層でも受験できる傾向があります。

 

単純な話を言えば50代で受験可能な自治体も結構ありますので、自宅からの距離を気にしないのであれば20代・30代なら意外とすんなり社会人経験者採用を実施している自治体を探すことができるはずです。

 

しかし、社会人枠の公務員試験は倍率が非常に高く、難易度も非常に高いのが現状です。できれば一般枠で受験することをおすすめしますので、まずは自分の年齢で受験できる場所を探してみるといいでしょう。

 

以上「20代・30代の公務員転職」でした!