アビタス米国公認会計士講座の評判・口コミ評価

MENU

米国公認会計士USCPAアビタスの評判・口コミ・合格実績

 

アビタス米国公認会計士対策(USCPA)の通信講座・通学教室の総合的な評判・口コミ評価は下記の通りです。(独自の調査・分析結果)

 

アビタス米国公認会計士試験対策講座の評判・口コミ評価:

 

合格実績・合格率・テキスト・参考書・問題集についてはページ最後の公式ホームページをご覧ください。

 

予備校・専門学校 アビタス
目指せる資格試験 米国公認会計士(USCPA)
講座種類(通信講座・通学教室) 米国公認会計士コース(ライセンス取得グアム、ワシントン州、モンタナ州)、英語文会計入門コース
通学講座地域 新宿校、八重洲校、大阪校
アビタス評判の理由 国際会計資格の専門学校・予備校ですので、米国公認会計士(USCPA)試験合格のノウハウを持っています。短期で合格できるような工夫が様々されているスクールで、特に日本語で解説しているオリジナルテキストは受講生からの評判・口コミ評価が高く、図解を上手に利用して説明しているので、兎に角分かりやすく、見やすいです。結果的に通常の予備校では合格までに3000時間以上掛かると言われている米国公認会計士試験(USCPA)ですが、アビタスでは1000時間程度が合格までの目安になっていますので、短期で資格を取得したい方に非常におすすめです。3分の1以下の勉強時間で合格レベルまで達することができる理由は試験対策の効率化にあります。アビタスでは試験に重要な箇所に絞って学習を進めるシステムになっているので、大きく無駄を削減することができています。確かに満点を狙う必要は全くない試験ですので、アビタスのあくまで合格点を狙う学習手法は効率的と言えます。また、スマートフォンやタブレット端末でちょっとした時間に学習を進めることができるEラーニングであれば、社会人など忙しい方でも十分合格を狙うことができるはずです。公式HPで実際にデモ画面を体験することができるので、興味があれば見てみてくださいね。また、講座のカリキュラムがインプット(講義)・アウトプット(問題を解く)に分かれているので、受験初心者でも理解を深めやすいと思います。また、アビタスは通学講座もありますが、通信講座を検討している方はサポート体制が気になるところです。アビタスではメール質問無制限・土曜日又は日曜日質問教室など様々サポート体制を実施しています。ビジネス環境及び諸概念、ビジネス法、税法、財務会計前半、財務会計後半、監査及び証明業務など科目別の学習も可能で、費用に関しても講座の充実性を考えると安く、コストパフォーマンスに優れていると思います。まずは自宅近くにセミナー会場があれば、無料ですので参加してみることをおすすめします。自宅が離れている場合は講座の詳細内容を知るために資料請求することをおすすめします。
公式ホームページ 米国公認会計士ならアビタス。

*上記に掲載されている情報はできるだけ最新の内容を更新していますが、内容の一部が古い・誤りがある可能性があります。恐れ入りますが、公式HPで内容を確認してください。