物理職の公務員予備校

MENU

物理職公務員のおすすめ予備校スクール

公務員物理職予備校・通信講座おすすめ

 

物理系地方公務員・国家公務員を目指すならTACかLEC(東京リーガルマインド)がおすすめです。評判・口コミ評価の高いTAC・LECは共に通信講座・通信教育にも対応しています。

 

資格の学校TAC

 

LEC東京リーガルマインド

 

物理系公務員について

 

物理職公務員ってどんな仕事

 

典型的な理系公務員ですね。物理職と言っても仕事は様々な種類があります。働く場所についても県庁、政令都市、一般市役所、各省庁などいろいろあるんです。仕事の1例を挙げると気象に関する仕事ですね。気象庁勤務の職員が代表的な物理職です。災害、気象観測などの仕事を行います。試験でも基礎物理、基礎数学、情報数学、地球科学など関連する科目が出題されることが多くなっています。

 

受験資格

 

採用試験場所・区分によって異なります。受験する自治体の実施要項をご確認ください。

 

*下記の内容は平成24年度実施の国家公務員一般職の物理職採用試験の内容です。掲載内容は古くなっていますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬

 

一次試験:6月上旬

 

二次試験:7~8月

 

三次試験:7月下旬

 

最終合格発表:8月下旬頃

 

試験内容

 

1次内容:基礎能力試験、論文試験、択一・記述式専門試験

 

2次内容:面接試験(個別)

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:433名

 

最終合格者数:26名

 

競争率:約16.7倍

 

難易度:難しい

 

初任給・年収・給与

 

大卒程度:調査中

 

以上「物理職の公務員予備校・通信講座」でした!