警察事務のおすすめ予備校

MENU

警察事務予備校ランキング

警察事務試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と警察事務公務員試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

警察事務対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

資格の学校TACアビバの公務員講座東京アカデミー資格スクール大栄ヒューマンアカデミークレアール公務員カレッジLEC東京リーガルマインド伊藤塾大原法律専門学校

 

警察事務予備校ランキング

 

東京アカデミー

 

資格スクール大栄

 

クレアール・アビバ

警察事務の予備校スクール

警察事務は主に短大卒・高卒採用が中心になります。(大卒程度試験を実施している自治体もあります)

 

自治体によっては警察行政の名目で試験を実施していることもあります。行政職に比べて募集人数が少ないため、年度によって競争率・試験難易度が変わってくるのが特徴的です。体力には自信はないけど、警察組織をサポートしたい方におすすめの職業です。警察事務採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

警察事務ってどんな仕事

 

警察事務の仕事内容は地域の警察署・都道府県の警察本部で効率的な運営をするためのサポートが大切な役割になっています。警察組織の予算に関すること、警察機関の施設管理、給与など庶務的な業務が中心になります。また、公安警察官と協力して作業することも多いのでコニュニケーション能力のある人材が求められている傾向があります。

 

受験資格

 

警察事務採用試験は都道府県単位で実施されています。自治体によって受験資格が異なりますので、採用公式ホームページでご確認ください。

 

*下記の内容は平成24年度実施の群馬県警察事務Ⅱ類の採用試験の内容です。自治体によって試験概要は異なりますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:5月上旬~下旬

 

一次試験:6月下旬

 

二次試験:7月下旬~8月上旬

 

最終合格発表:8月中旬

 

試験内容

 

1次内容:教養試験

 

2次内容:個別面接・自己PR、適性検査

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:254名

 

最終合格者数:22名

 

競争率:約11.5倍

 

難易度:やさしい

 

初任給

 

大卒程度:約157,200円(見込)

 

 

通信講座比較通学講座一覧