建築職のおすすめ予備校

MENU

建築職公務員のおすすめ予備校スクール

建築職の受験者の中に一級建築士など高レベルな関連資格取得者もいますので、意外と皆さんが思っているより試験難易度は高いはずです。採用されると県庁であれば県土整備部などに配属されます。また、都市部の県庁クラスでも募集人数は数名程度と少なく、運が悪いと高倍率の試験に当たってしまうこともあります。いかに早い時期から技術職の公務員試験筆記対策・面接対策をするかが試験突破のポイントになるでしょう。公務員建築職採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

建築職公務員ってどんな仕事

 

建築公務員の仕事内容は都市開発を中心に建築物確認(構造・用途)、建築物の設計など専門的知識を使って、住みやすい町作りをサポートします。

 

受験資格

 

採用試験場所・区分によって異なります。受験する自治体の実施要項をご確認ください。

 

*下記の内容は平成24年度実施の福岡県(Ⅰ類建築)採用試験の内容です。自治体によって試験概要は異なりますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:5月中旬~6月上旬

 

一次試験:6月下旬

 

二次試験:7月中旬~8月上旬

 

最終合格発表:8月中旬

 

試験内容

 

1次内容:教養、専門試験

 

2次内容:論文、個別面接、身体検査、集団討論、適性検査

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:15名

 

最終合格者数:4名

 

競争率:約3.8倍

 

難易度:普通

 

初任給

 

大卒程度:調査中

 

公務員建築職対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

クレアール公務員カレッジ、★資格の学校TACLEC東京リーガルマインド

 

★=おすすめ