地方中級対策のおすすめ予備校

MENU

地方中級のおすすめ予備校スクール

短大卒程度の地方中級公務員は比較的実施していない自治体もありますので、受験する自治体・職種の試験実施要項をよく確認することをおすすめします。試験の特徴としては警察事務・学校事務や保育士・司書・栄養士など資格免許公務員の募集枠が多いことです。しかし、土木、建築、機械、農業、化学などの技術職は上級公務員に比べて募集人数が少ない傾向があります。中級公務員の受験者は公務員予備校の学生の方が多く、ライバルに勝つにはそれなりの対策は必要になるでしょう。地方中級採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

地方中級ってどんな仕事

 

短大卒の地方中級公務員は自治体の中堅幹部候補になります。状況によってゼネラリスト・スペシャリストに能力が求められることがあります。また、学校事務・警察事務では自治体によっては中級職員が幹部候補になることもあります。

 

受験資格

 

地方中級試験(短大卒程度)は自治体(都道府県・市町村)によって受験資格が異なります。採用試験によって年齢制限の幅に大きく違いがあるのが特徴です。

 

*下記の内容は平成24年度実施の千葉県中級(行政)採用試験の内容です。自治体によって試験概要は異なりますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:8月上旬~中旬

 

一次試験:9月下旬

 

二次試験:10月下旬~11月上旬

 

最終合格発表:11月末

 

試験内容

 

1次内容:教養、専門試験、論文

 

2次内容:適性検査、面接

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:863名

 

最終合格者数:67名

 

競争率:約12.9倍

 

難易度:普通

 

初任給

 

短大卒:約169,809円(見込)

 

地方中級対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

東京アカデミー資格スクール大栄