地方初級対策おすすめ予備校

MENU

地方初級公務員予備校おすすめランキング

地方初級公務員試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と地方初級公務員試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

地方初級対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

アビバの公務員講座東京アカデミー資格スクール大栄ヒューマンアカデミークレアール公務員カレッジLEC東京リーガルマインド大原法律専門学校

 

地方初級公務員予備校ランキング

 

東京アカデミー

 

生の講義が自慢の東京アカデミーは講師陣に定評がある地方初級公務員予備校です。通信講座にも対応しています。

 

大栄

 

本気になった大原♪でお馴染みの公務員専門学校の大手です。信頼性の厚い学校で筆記から面接対策全力でサポートしてくれます。

 

アビバ

 

全国各地にスクール教室が100以上設置されている大手。高卒程度の地方初級であればアビバがおすすめです。

 

 

*通信講座で地方初級公務員試験対策をするのであればクレアールも予備校選びの選択肢の1つに入れておくことをおすすめします。

地方初級の予備校スクール

最近では経済的事情などを考慮して大学進学を諦めて公務員に就職を目指す方も多いようです。中には一流大学に行ける学力があるのに地方初級公務員を選ぶ方もいるようです。非常に人気の高卒者の就職先ですので、公務員の予備校やスクールも対策講座に力を入れています。教養試験の一般知能は学校の授業では基本的に習わない内容ですので、要点を絞った学習をするために予備校・通信講座を利用する方もいるようです。また、公務員と民間企業は求める人材が異なるため面接対策に苦戦する受験生は数知れずです。

 

地方初級ってどんな仕事

 

高卒の地方公務員は最初の勤務地は大卒者に比べて本庁より出先機関である確率が高いのが特徴です。仕事の内容は庶務的な作業が中心で、文書処理、証明書関係などサポートする側に回ることが多いですね。しかし、出世は上級と初級を比較してそこまで差はありませんので、実際に働いている方は「お得」と感じている人が多いようです。

 

受験資格

 

地方初級試験は自治体(都道府県・市町村)によって受験資格が異なります。おおむねの年齢制限としては17歳以上21歳未満と考えておくと良いでしょう。

 

*下記の内容は平成24年度実施の相模原市初級(行政)採用試験の内容です。自治体によって試験概要は異なりますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:7月中旬~下旬

 

一次試験:9月下旬

 

二次試験:10月上旬

 

最終合格発表:11月上旬

 

試験内容

 

1次内容:教養、集団面接

 

2次内容:適性検査、個別面接

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:47名

 

最終合格者数:6名

 

競争率:約7.8倍

 

難易度:やさしい

 

初任給

 

高卒(行政):約158,227円(見込)

 

 

通信講座比較通学講座一覧