特別区公務員スクール

MENU

特別区予備校おすすめランキング

特別区公務員試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と特別区公務員試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

特別区対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

資格の学校TACアビバの公務員講座東京アカデミー資格スクール大栄ヒューマンアカデミークレアール公務員カレッジLEC東京リーガルマインド伊藤塾大原法律専門学校

 

特別区予備校ランキング

 

TAC(大卒)・東京アカデミー(高卒)

 

東京アカデミー(大卒)・大栄(高卒)

 

クレアール(大卒)・クレアール(高卒)

特別区職員の予備校スクール

特別区職員は東京23区全てが勤務範囲になるのではなく、最終合格後に希望を選び各区で面接などを通じて採用場所が決定する仕組みになっています。自分の第一希望の自治体に就職するには高得点で上位合格することが一番の近道になるでしょう。東京23区の職員と言うとなんとなく、特別な公務員なイメージがあるが、他の一般市と役割は基本的に同じです。都内勤務ということもあって地方から東京に憧れる就職希望者も多く、受験者数が多いのが特徴的です。難易度も高いので、できるだけ早い時期からダブルスクールなどで大学・特別区予備校の両立をしておきたいところです。特別区採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

特別区職員ってどんな仕事

 

首都公務員として都会勤務が中心になるのが他の自治体との違いになります。また、東京都と連携して仕事をすることが多いのでコニュニケーション・協調性は学生時代に身に着けておきたい点ですね。仕事内容は諸届の処理、年金関係など市役所のほとんど同じ役割を果たしています。

 

受験資格
*下記は平成24年度実施Ⅰ類事務(一般選考)の内容になっています。

 

年齢制限:昭和60年4月2日~平成3年4月1日生まれ

 

特別区職員は社会人経験者採用に力を入れていますので、民間企業から転職をお考えの方にはおすすめの公務員試験です。

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬

 

一次試験:5月上旬

 

二次試験:7月上旬~7月下旬

 

最終合格発表:8月上旬

 

試験内容

 

1次内容:教養、専門試験、論文

 

2次内容:面接

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:13,815名

 

最終合格者数:1,635名

 

競争率:約8.4倍

 

難易度:難しい

 

初任給

 

大卒程度:調査中

 

 

通信講座比較通学講座一覧