市役所試験対策スクール

MENU

市役所予備校おすすめランキング

市役所公務員試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と市役所職員公務員試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

市役所対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

資格の学校TACアビバの公務員講座東京アカデミー資格スクール大栄ヒューマンアカデミークレアール公務員カレッジユーキャン公務員【資格の大原】LEC東京リーガルマインド伊藤塾大原法律専門学校

 

市役所予備校ランキング

 

TAC(大卒)・東京アカデミー(高卒)

 

東京アカデミー(大卒)・大栄(高卒)

 

クレアール(大卒)・クレアール(高卒)

市役所職員の予備校スクール

市役所は大きく、政令都市、中核市、一般市に条件・規模で分けることができます。政令都市では県庁と同等の権限が持っているため、予算が一般市に比べて多いのが特徴です。最近では東京大学・京都大学など一流大学に通う方でも官僚を目指さず、市役所を希望する方も多いようです。地元の活性化・振興の役に立ちたいという方におすすめの職場です。一般的に県庁の方が難易度は高いとされていますが、小規模の市役所では募集人数が少ないため高倍率になるケースも珍しくありません。年度によって自治体の採用レベルに幅があるのが特徴的です。市役所採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

市役所職員ってどんな仕事

 

市役所は世間のイメージで一番近い公務員です。仕事内容は健康保険に関すること、住民票の移転、結婚・離婚届の処理など誰もが接する機会のある場(地域密着型)で働くことになります。しかし、都市部の市役所では庶務的な仕事ばかりではなく、努力次第で市民生活に影響する責任重大のスケールの大きい仕事を任せてもらえるチャンスもあります。

 

受験資格

 

市役所職員試験は市町村単位で実施されています。自治体によって受験資格が異なりますので、採用公式ホームページでご確認ください。また、最近では社会人経験者採用試験を実施している自治体も増えてきています。

 

*下記の内容は平成24年度実施の堺市上級(大卒事務))採用試験の内容です。自治体によって試験概要は異なりますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:5月中旬~下旬

 

一次試験:6月下旬~7月上旬

 

二次試験:7月下旬~8月上旬

 

最終合格発表:8月中旬

 

試験内容

 

1次内容:教養、専門試験、集団面接

 

2次内容:論文、個別面接

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:580名

 

最終合格者数:50名

 

競争率:約11.6倍

 

難易度:やや難しい

 

初任給

 

大卒程度:約196,000円(見込)

 

 

通信講座比較通学講座一覧