都庁職員対策スクール

MENU

都庁公務員予備校おすすめランキング

都庁職員公務員試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と都庁職員公務員試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

都庁職員対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

資格の学校TACアビバの公務員講座東京アカデミー資格スクール大栄ヒューマンアカデミークレアール公務員カレッジ公務員【資格の大原】LEC東京リーガルマインド伊藤塾大原法律専門学校

 

都庁職員予備校ランキング

 

TAC(大卒)・東京アカデミー(高卒)

 

東京アカデミー(大卒)・大栄(高卒)

 

クレアール(大卒)・クレアール(高卒)

都庁職員の予備校スクール

東京都職員と言えば日本の首都公務員ですね。基軸の都市ですので、住民からの期待も大きく、スケールの大きな仕事を任させるチャンスが他の道府県職員に比べて多いのが印象的です。さらに2020年東京オリンピックが決定(滝川クリステルさんのお・も・て・な・しが大流行!)して、益々活躍の場が広がるはずです。首都圏の名門国立大(東京大学など)・私立大(早稲田・慶応)の受験生も多く、地方公務員の中では難易度は高いです。一流大学出身者でもダブルスクールなどの対策をして合格を目指す方は多く、独学での一発合格は相当な努力が必要になることを覚悟しておいた方が良さそうです。都庁採用試験対策のおすすめ予備校・スクールはページ最後に設置していますので、是非ご覧ください!

 

都庁職員ってどんな仕事

 

基本的に他の道庁・県庁・府庁とそれほど仕事内容は変わりありませんが、予算が豊富な自治体ですので、政策の規模が大きいのが特徴です。テレビ関連の仕事を任されることや羽田など空港関係に仕事を担当することもあります。その他、教育委員会などに出向になるケースもあります。都庁職員の待遇・仕事環境の評判はよく、地域手当が高いので他の地方公務員に比べて年収・給与面で優遇されています。仕事もやりがいを感じて働いている職員が多く、人気の職業です。

 

受験資格
*下記の内容は平成24年度東京都Ⅰ類B区分の試験内容になります。

 

昭和58年4月2日~平成3年4月1日生まれ(確実に実施要項で各自確認してください)

 

試験日程

 

申し込み受付:4月上旬

 

一次試験:5月上旬

 

二次試験:6月下旬

 

三次試験:7月下旬

 

最終合格発表:8月上旬

 

試験内容

 

1次内容:教養、専門試験、論文

 

2次内容:個別面接、適性検査

 

3次内容:個別面接

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:4147名

 

最終合格者数:632名

 

競争率:約6.6倍

 

難易度:難しい

 

初任給

 

大卒程度:約213,000円(見込)

 

 

通信講座比較通学講座一覧