消防官対策ダブルスクール

MENU

消防士予備校おすすめランキング

消防士試験対策講座を設置している、おすすめ予備校・スクール一覧と消防士試験対策に強い予備校ランキングを作成しました。

 

消防士対策講座(コース)を扱っているおすすめ予備校一覧

 

下記は各予備校・専門学校の公式ホームページです。複数の資料を集めて比較してみてください!
☆資料請求のメリット
①公式HPで掲載されていない講座の詳細内容・最新情報を得ることができる。
②お得な公務員試験の情報が手に入ることがある。
③複数の学校を比較することで講座選びに後悔しないで、自分に合った予備校を見つけやすい。

 

資格の学校TACアビバの公務員講座東京アカデミー資格スクール大栄ヒューマンアカデミークレアール公務員カレッジユーキャンLEC東京リーガルマインド大原法律専門学校

 

消防士予備校ランキング

 

TAC(大卒)・東京アカデミー(高卒)

 

東京アカデミー(大卒)・大栄(高卒)

 

クレアール(大卒)・クレアール(高卒)

 

大学生が消防士試験対策で予備校とのダブルスクールをするのであればTAC・東京アカデミー・クレアールがおすすめです。大栄や生涯学習のユーキャンについても大卒警察官試験対策に対応しているので、選択肢に入れておくことをおすすめします。高卒程度について東京アカデミー、大栄、クレアールの3つがおすすめです。

大学と消防士予備校のダブルスクール

消防士は合コンでモテる・カッコイイなど職業の評判は非常に良いのが特徴です。大学院・大学生現役合格を目指す方も結構いて、大学・公務員予備校のダブルスクールで対策を練る受験生は多いようです。確かに現在の消防士試験は昔のように簡単に合格できるほど甘いモノではなくなってきました。(公務員の全体では難易度は低い)勉強・面接対策の効率性を考えると消防士予備校に通うのは良い選択だと言えます。対策期間は早ければ早いほど望ましいので、大学1年・2年生の頃から消防士ダブルスクールするのはメリットが大きいのかもしれません。

 

消防士ってどんな仕事

 

消防士の身分は基本的には市町村の職員になります。消防官の仕事内容は火災発生時の対応、震災時の救助活動、消防車以外にも救急車に乗車して勤務することもあります。アメリカでは消防士は町の英雄と言われているくらい人気の職業ですが、日本の消防士も憧れの職業としている方は数多くいます。最近では男性だけではなく、女性消防士も活躍しています。

 

受験資格

 

消防士の採用は市町村単位で実施されています。自治体によって受験資格が異なりますので、採用公式ホームページでご確認ください。また消防官の受験資格の特徴として、他の公務員試験にはあまり見られない身長、体重、視覚、聴覚など身体的な条件が自治体によってあります。

 

*下記の内容は平成24年度の大卒仙台市消防士試験の内容です。自治体によって試験概要は異なりますので、確実に受験する試験の実施要項をご覧ください。

 

試験日程

 

申し込み受付:5月上旬~中旬

 

一次試験:6月下旬~

 

二次試験:8月上旬~

 

最終合格発表:8月下旬

 

試験内容

 

1次内容:教養試験、集団面接

 

2次内容:個別面接、適性検査、身体検査、体力検査、論文試験

 

試験倍率・難易度

 

受験者数:321名

 

合格者数:31名

 

競争率:10.4倍

 

難易度:やさしい

 

初任給

 

大卒程度:約191,500円(見込)

 

 

通信講座比較通学講座一覧