社会人向け不動産鑑定士試験合格勉強法

MENU

社会人向けの不動産鑑定士試験勉強方法と予備校

社会人向けの不動産鑑定士試験勉強方法と予備校・通信講座について紹介しているページです。当サイトで紹介している社会人向け不動産鑑定士の学校は評判・口コミ評価が高いTAC、LECです。不動産鑑定士予備校はTAC、LECで比較して選ぶのが、最近では王道になっていますね。是非、社会人で不動産鑑定士の予備校・専門学校を探している方は参考にして頂ければと思います。

 

キーワード:社会人不動産鑑定士通信講座、社会人不動産鑑定士専門学校

 

社会人で合格を目指すなら?不動産鑑定士の勉強方法・勉強仕方について

 

不動産鑑定士試験の受験者の多くは学生ではなくサラリーマンなど社会人です。社会人の割合が多いことから一般的な不動産鑑定士試験対策の勉強方法・勉強仕方について説明したいと思います。まず学習スタイルのパターンについてですが、独学、通学、通信の3つのタイプになります。

 

まず、独学についてですが、”ぶっちゃけ”独学はおすすめできません。理由は不動産鑑定士と言えば国家資格の中でも難関中の難関試験です。出題範囲は膨大で高度な知識が必要なことから独学で挑戦するのは効率的な勉強方法とはとても言えないでしょう。不動産鑑定士試験よりはるかに難易度が低い宅建、マンション管理士、土地家屋調査士ですら、独学で重要ポイントを絞った学習を独学でこなすのは難しいと言われていますので、社会人で不動産鑑定士試験合格を目指すのであれば通学講座か通信講座がおすすめです。

 

続いて通学か通信かという問題ですね。資格の勉強にある程度慣れている人であれば通信講座・通信教育の方が自宅で勉強することができる分、無駄がなく、効率的だと思います。一方1人で勉強するのが苦手な方や自宅近くに予備校がある人であれば通学講座を視野に入れるのもアリだと思います。ただ、通信講座の教材レベルは年々上がってきていますので、迷っているのであれば通信講座をおすすめします。

 

社会人向け不動産鑑定士学校おすすめランキング

 

公式HP TAC LEC東京リーガルマインド

短答式

論文式

サポート体制

初学者向け

学習経験向け

予備校ランキング

*1~5段階評価でTAC・LEC比較

 

以上「社会人の不動産鑑定士勉強方法」でした!