公務員試験予備校おすすめ比較

MENU

公務員予備校おすすめランキング

全部で103社の公務員試験予備校を徹底比較しておすすめランキングを紹介しているサイトです。また、気になる受講生の公務員予備校口コミ&評判の検証ページもあります。

  • 学歴区分別
  • 受験区分別
  • 地域別
  • 学習メディア別

などなど受験生にとって目的に合った最も最適なサービスを選択することができるようなコンテンツを多数用意しています。

 

まずは当サイトで人気のある公務員予備校おすすめランキングをご覧くださいませ!きっとあなたにピッタリの学校を見つけることができるはずです。スクール講座・塾タイプだけではなく、進学向けの専門学校も掲載していますので、様々な方にとって役に立つ情報がたくさん掲載しています!ぜひ要チェックしてくださいませ!

 

人気ページ一覧

 

 

日本全国の都道府県・市町村区から公務員塾【通学】を扱っているスクールを探すことができます。(おすすめ予備校厳選8校)

 

*2017年1月更新

公務員予備校は通信・通学・独学?

公務員試験の対策として、通信教育、予備校通学、独学の3つのパターンがあります。おそらく、公務員試験の受験を決意した段階で、誰もが悩むことだと思います。

 

通信、通学、独学のメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしていただければ、と思います。

 

WEB・DVD通信教育・講座

 

自宅でWEB・DVDによる講義を視聴することができるので、通学など無駄な時間を削減することができます。また、公務員予備校のノウハウが詰まったテキストによって要点を絞った・効率的な試験対策をすることができますので、個人的におすすめの手段です。

 

通信講座は忙しい会社員・アルバイトとして働く、社会人・学生に評判が良い公務員試験対策です。また、欠点は一人で勉強するのが苦手だと続かないということです。ある程度は「公務員試験合格!」の意識の強さが必要になってきます。

 

*集団・個別面接指導、論文・作文添削、適性試験・検査、公務員模試などのサポートをしてくれる通信予備校も多いです。

 

メリット

 

  1. 要点を絞った効率的な試験対策ができる
  2. 通学に比べて費用が安い
  3. 忙しい会社員・学生でも空いた時間に学習できる

 

デメリット

 

  1. 予備校に行く回数が少ないので友達を作りにくい
  2. サボろうと思えばいくらでも妥協できる
  3. 今すぐ直接質問・指導を受けるのは難しい

 

通学教室・予備校

 

通学教室では同じ公務員試験合格を目指す仲間と勉強することになりますので、友達を作りやすいメリットがあります。また、仲良くなれば、公務員試験情報の交換もできますし、モチベーションは上がるでしょう。

 

さらに、公務員試験のノウハウを持った、専門講師が授業してくれますので、集中して勉強しやすい環境を作ることができますので、中身の濃い学習をすることができます。

 

しかし、デメリットで言うと、通信教育に比べて費用が高いため、そちらに流れている受講生も多いようです。また、自宅から距離が遠い方や忙しい会社員の方にとっては通学は過酷なモノになってしまう場合があります。

 

費用は多少掛かっても、公務員試験に専念したい!という方におすすめです。

 

メリット

 

  1. 公務員専門講師の授業を生で聴ける
  2. 一緒に公務員を目指す友達を作りやすい
  3. 妥協しにくい環境を作ることができる

 

デメリット

 

  1. 通信に比べて費用が高い
  2. 通学に掛かる時間が無駄
  3. 自分のペースで勉強を進めることができない

 

 

独学・市販テキスト

 

独学には公務員予備校のように、カリキュラムは存在しません。そのため、自分の学びたい教科を好きな時間帯に勉強することができます。自分の勉強方法に自信を持っていて、成績も合格圏内であれば、あえて公務員通信・通学講座を利用するメリットはないでしょう。しかし、1つだけアドバイスをさせていただくと、公務員面接に限っては予備校の力を借りるべきだと思います。理由は公務員試験の集団・個別面接・集団討論などは民間企業とは求められることも、対策方法も異なるのです。そのため、学校の先生や周りの方で適格なアドバスができる人はほとんどいないはずです。面接のみの講座を開いている公務員スクールもありますので、利用の検討をおすすめします。

 

メリット

 

  1. 自分のペースで勉強ができる
  2. 費用を最小限に抑えることができる

 

デメリット

 

  1. 筆記・面接対策の効率が悪い
  2. 間違った対策を指摘してくれる人が居ない

公務員予備校Q&Aコーナー

ヤフー知恵袋、教えて!goo、OKWave、発言小町などのQ&Aサイトを徹底検証してよくある質問のQ&Aコーナーを作成しました。

 

2ch(2ちゃんねる)噂や有名ブロガー、カリスマ講師のツイッター発言なども参考にしていまとめていますので、チェックしてみてくださいませ。なお、Q&Aの回答については最新情報に更新する可能性がありますので、内容が変更になる場合がある点はご了承くださいませ。

 

「大手」と「中小規模」のスクールはどっちがいいの?

同じくらい興味を引かれているのであれば「大手」を推奨します。理由は生徒数が多いので過去に合格されている方もたくさんいます。その分、膨大な試験データを持っていますので中小規模の公務員予備校と比較して情報量が上回るケースが多いのです。

 

但し、基本的に「大手」に拘る必要はありません。自分が最も効率的に学習することができるカリキュラムを提案している学校であればどこでもOKです。

 

通信受講しようと思っているのですが、面接対策は大丈夫でしょうか?

最終合格を目指せるように通信の公務員試験予備校でも2次試験対策が充実しているケースはあります。但し、不安であれば1次試験合格後にプラスαで通学教室に講座で徹底的に鍛えるのも1つの手です。

 

なお、2次対策についてはサポート体制に差が結構ありますので、事前にシッカリと確認しておくことが大切になります。

 

更新履歴